Hatena::Groupmonsterhunter

Rosa's Hunting Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

Monday, April 07, 2008

MHP2Gは面白い、だが神(開発陣ガンナー)は居なかった。

20:03 | MHP2Gは面白い、だが神(開発陣ガンナー)は居なかった。 - Rosa's Hunting Diary を含むブックマーク はてなブックマーク - MHP2Gは面白い、だが神(開発陣ガンナー)は居なかった。 - Rosa's Hunting Diary MHP2Gは面白い、だが神(開発陣ガンナー)は居なかった。 - Rosa's Hunting Diary のブックマークコメント

まだ全ての武器を使いきれてない状況なのですが、

武器毎の前作からの変更点などを。

大剣

武器自体の性能に特に変更点はないっぽい。

が、以前は匠ぐらいしか有効なスキルが無いと言われてた大剣にも

「溜め短縮」…タメにかかる時間が短縮される

「抜刀」…武器出し攻撃の攻撃力UP(抜刀タメに効果が適応されるかどうかは不明)

というなかなか強力な新スキルがマッチする事に。


太刀?

こちらも大した変更点は無い。

回避能力を上げるスキルが二つも増えた事と、

耳栓が必須でもなくなった(オトモ猫が硬直を解除してくれる)事もあって

若干パワーアップしていると言える。


片手剣

大した変更点は無いのだが、これと言った強さが見えなくなってきた武器。

だが相変わらず状態異常役、尻尾切り役、生命の粉塵役とサポート面では高性能。


双剣

複属性武器なるものが存在するようになったが、

各攻撃の属性ダメージに補正がかかっている模様。

ただ、物理ダメージの乱舞は相変わらずかなり強く、

状態異常との複属性など別の用途も見えてきている。

武器出し攻撃が密かに強力なので「抜刀」もアリ。


ハンマー

変更点なしと言ってもいい。

猫スキルのKO術(気絶させやすい)と、「溜め短縮」がある分若干パワーアップ。

{08/04/07追記}

タメ3の気絶値減ってない?タメ2が異常に気絶しやすい気がする。


狩猟笛

○+△で出せる「叩きつけ」の気絶値が減っている。

これオンリーで戦っているとなかなか気絶しない。猫スキルのKO術を使っても同様。

気絶させるなら「ぶん回し」を使う必要が出てくる。

旋律が幾つか増えていたりする。


ランス

武器自体の性能は恐らく変わらないが、

ガード性能+2の発動にポイントが20も必要になったのが痛い。(以前は15)

代わりにと言っては何だが、回避系のスキルが二つ増えているので

相手によって回避にするか防御にするか選べるようになった感がある。


ガンランス

○+△で出せる「切り上げ」の発生がかなり速くなっている。

ランス同様にガード性能がつけ辛いのは痛い所。

状態異常の種類も増えている。


ライトボウガン

P2で不遇と言われていたにも拘らず、

P2Gで更に不遇な扱いを受けているとしか思えない悲劇の武器。

・速射の反動が無くなった。

・ヘビィ並の反動値を持つ武器が増えた

と、強くなる変更点もあるのだが、それ以上に

・弾の反動値が変更。状態異常系のLV2の弾が拡散並の反動に。

・反動+2スキルの発動に必要なポイントが15→20に変更。

・自動装填の利点を受けづらい。(自動装填についてはヘビィの項で)

マイナスの方が何故か多い。


ヘビィボウガン?

ライトとはうってかわって優遇された武器と言われ、

何故か今回もパワーアップしている謎の武器。

・パワーバレルの攻撃力上昇値が増加

・属性弾の威力の修正

・回避系スキル、及び自動装填スキルの追加

自動装填って言うのは前作で言う所の連射なのだが、

今回は反動が大までしか落ちないので、各種通常弾&属性弾も反動無しで撃てる。

おかげでリロードの遅い大火力武器の弱点を完全に埋めてしまえる。

属性弾の威力が上がったのにリロード無しで連射とかちーと臭い。

なお、バグ武器と言われていたディスティハーダは流石に弱体化している。


基本的に変わっていない。

連射のスキルが溜め短縮に変わったぐらい。

今回は全ての武器がタメ3までと言うわけでなく、

タメ2までしかなかったりデフォで4まであったりする。

言うまでも無く、はきゅーとそきゅーは弱体化。