Hatena::Groupmonsterhunter

ウルトラ上手に焼けました。

20090315

武器使用頻度

| 01:41

1stキャラクターの使用頻度です。

武器使用数
大剣172
太刀227
片手剣144
双剣412
ハンマー223
狩猟笛137
ランス164
ガンランス138
ライトボウガン135
ヘビィボウガン229
412

狩猟笛ガンランスライトボウガンの数字がほとんど並んでるのは、意識して使わないと絶対使わない武器群だからです。

大宝玉目当てに古龍種連戦、双剣ばかりで飽きた! というときは、たいてい大剣ランスハンマー・ヘビィボウガンに手を出すのです。

ここんとこの狩猟笛強化週間のお陰で、ぐるぐる回転中の敵の頭にぶん回しでヒットできるようにはなりました。落とし穴にかかった敵の頭に当て続けるのはまだ先っぽいです。

ガンランスは、踏み込み突きの制御がイマイチで攻撃が狙った場所に当たらないというのが目下の課題です。ドスゲネポスとかね、すごく難しいです。

ライトボウガンは……ヘビィボウガンを愛してしまうと、物足りなく感じてしまってなかなか手が出ません。ヘビィじゃないなら使っちゃうし。唯一、ミラ三兄弟では必ずと言っていいほど使わせてもらってます *1

*1:ちょっと前まで拡散弾は武器威力に依存するって勘違いしてたので、ヘビィボウガン担いでミラ戦やってました。きつかったなあ。

20081202

新調した武器を持って激昂ラージャンに会いに行く

| 16:42

念願の龍木ノ古砲【荒神】作成。次はG級激昂ラージャン訓練出現条件を満たすために、G☆3「破壊と滅亡の申し子」をクリアするぞ、というのが前回までのお話でした。

ラージャンは苦手か得意かと言われると、どっちでもないなあ…に分類されるモンスターです。村長「最後の招待状」には嫌な思い出がありますが、イベントクエスト「双獅激天」に比べたら可愛い子猿の戯れ。いやもう、三人パーティで閃光玉投げまくって、どっちにダメージ与えてたか全員でわかんなくなって、とにかく手近な方に攻撃いれてどうにか倒したという涙色の記憶がよみ…がえる…。ソロでやる気がしません (「最後の招待状」、「双獅激天」ともに1stキャラでの話です。2ndキャラではどっちもやってないです) 。

激昂ラージャンをソロでやる場合、大抵で行っていたことを考えると、回避行動の差を補えればどうにかなるかな? という印象。せっかく龍木ノ古砲【荒神】を作ったんだしということで使ってみることにしました。ラージャン相手に貫通弾はあんま有効じゃないってのも大きいです。


部位装備品装飾品
武器龍木ノ古砲【荒神】
増弾のピアス
ナルガSレジスト跳躍珠
メルホアZアスト体操珠
クロムメタルコイル(胴系倍加)
イーオスSレギンス(胴系倍加)

発動スキルは、回避距離UP、体術+1、装填数UP。攻撃力は、ネコ飯攻撃力UP【大】、力の護符・爪込みで572、防御力は225。一応、激昂状態でなければケルビステップ1回くらっても死なない程度の防御力。

持っていった弾はLV2・LV3 通常弾とLV2 通常弾の調合分。それから、より弱点の頭が狙えるようにと落とし穴、シビレ罠を各1個ずつとトラップツール*2、ゲネポスの麻痺牙*2を持ち込み。

ちなみに今回は、オトモを連れていきませんでした。エリア7で猫を追いかけて溶岩のなかに突っ込んでいかれるとうざいし、猫を狙ってるのか自分狙ってるのか一瞬判断に迷ったことでダメージもらう可能性が高いと踏んだからです。


戦闘開始。

まずは、こんがり肉とクーラードリンクを飲食。LV2 通常弾を装填。初期位置がエリア7なのでダッシュで向かいます。戦場はエリア8側の広場。気づかれる直前、なるべく前後左右空きスペースがあるところに落とし穴を設置。銃を構えてラージャンが落ちるのを待つ。落ちたら、顔に向かってLV2 通常弾を撃つ。1回リロード、数発撃ったあたりでラージャン復帰。

ここからは、ラージャンがエリア移動するまで次のような感じに撃ったりリロードしたりします。龍木ノ古砲【荒神】はリロードがやや遅いので、速い銃と同じ感覚でリロードしていると攻撃を食らいますので注意なのですよ。

  • 基本的にラージャンを中心に時計回りに移動
  • 頭に向かって照準を合わせて撃てるチャンスはそのままリロードにも生かせるので、場合によって使い分けるのがグッド
  • 壁際や溶岩際に追い込まれた場合は、早めに右側に2回転しておけばケルビステップにも当たらない
  • ケルビステップ中のラージャン右後ろ足に照準なしで撃つ
  • ケルビステップ後、大抵バックステップが入るので真後ろ以外の位置で安全にリロード
  • デンプシー中の右後ろ足に照準なしで撃つ
  • デンプシーは短距離型と中距離型があるので、気をつけつつリロード
  • ボディプレス中の顔に照準を合わせながら撃つ
  • ボディプレス後、バックジャンプ雷玉が入ることがあるので、その場合は、顔に照準を合わせて撃つ
  • ビーム中、雷玉吐きの顔に照準を合わせながら撃つ
  • 回転殴り中に真後ろの位置から足に向かって照準なしで撃つ
  • ローリングアタック後に足に向かって照準なしで撃つ
  • 怒りバックジャンプ咆哮が入ったら、顔に照準を合わせながら撃つ
  • 可能であれば振り向いたラージャンの顔に1発撃ちたいところですが、自分の技量だと無理なのでやってません

ラージャンがエリア4へ移動。LV2 通常弾の弾数が少なくなってるので調合しつつこちらも移動。エリア4に入る前にクーラードリンクをごくっとな。まだ効果は切れてませんが、エリア4での戦闘中に切れることは必至なので、戦闘中に余計な行動を増やさないためにも今のうちに飲んでおきます。

エリア4に入ったら、即シビレ罠設置…といきたいところですが、たまたまサイズの大きなラージャンが遠くからビームやってくれちゃって一死つうこともあるんで、ケースバイケースです。

今回の場合は、ラージャンがダッシュで近寄ってきたところを回避→ラージャンがビームという具合に行動したんで、真横あたりにシビレ罠設置、銃を構えて待つって塩梅でした。

以後、私の場合はエリア移動後にシビレ罠設置を行っていますが、私の性格にあったやり方なだけなので、ご自分にあったやり方で設置するのが一番だと思います。

シビレ罠にかかったラージャンの頭へ向かってLV2 通常弾。罠から回復したら、上記箇条書きの攻撃チャンス、リロードタイミングでぱすぱす撃ち続けます。今回の場合は、ここで角が1本折れました。

再びエリア7へ移動するラージャン。LV2 通常弾、シビレ罠の調合をしてから、こんがり肉・クーラードリンクを飲食して突入。ラージャンはエリア6通路そばにたたずんでいます。こっち側の広場は、エリア8前の広場に比べて若干狭いので嫌いです。が、面倒臭いのでここを戦場にします。

ビーム中、ローリングアタック中など、大きな隙を見てシビレ罠を設置、誘導、はまったら頭に向かってLV2 通常弾を撃ちます。罠から回復したら、今までと同じようにぱすぱす撃ちます。

ここらへんで、弾が当たったラージャンが若干よろめくというか嫌がるそぶりが見られるようになってきます。おお、ダメージが蓄積してやがるぜとわかるのは非常に励みになります。

再びエリア4へ移動するラージャン。LV2 通常弾、シビレ罠の調合をしてからクーラードリンクを飲んで突入。大きな隙をついてシビレ罠を設置、罠にはまったら頭に向かって撃つ。罠から回復したら今までと同じようにぱすぱす撃つ。しばらくして2本目の角が折れました。部位破壊報酬決定です。よし。一番ダメージが通るのは頭というのは変わらないので、攻撃チャンスに頭を狙うのは以後も変わりません。

再びエリア7へ移動するラージャン。LV2 通常弾の調合をしてから、こんがり肉・クーラードリンクを飲食して突入。戦場は前回と変わらずエリア6側の狭い広場の方です。

シビレ罠は使い切ったので、地道にぱすぱす撃っていきます。右前足、右後ろ足に対してある一定撃ってると、そろそろ転倒する塩梅です。あーもうそろそろヤツが討伐できるんだと思ってもいいです。希望の気持ち大事です。ビーム等、顔を狙うチャンスが多かった場合は、足に対しての攻撃が減るんで転倒しませんが、両角が折れてるんだったら瀕死間近、もしくは瀕死なので頑張りましょう。

討伐時間は25分針。個人的にはもっとかかるんじゃないかと思ってたので、採取も採掘も虫あみもしませんでした。なんかちょっとだけ勿体ない気分。

ヤマツカミ2戦目に際していろいろ考える

| 00:16

目標は渇望のピアス。HR9に到達したので、激昂ラージャン訓練を出すためのG☆3「破壊と滅亡の申し子」は受注出来るようになった。でもその前に龍木ノ古砲【荒神】を作成したい。そのためには、イベントクエスト「浮かぶ山岳」のヤマツカミを討伐しなくちゃいけないが、体力26666の彼を今の武具で倒せるのだろうか…というのが前回までのお話でした。

G☆2緊急クエスト「浮岳龍」では討伐時間が30分針(時間を多めにとって34分と仮定)だったことを考えると、1分間平均18666/34で549ダメージ与えていたと考えられます。

同武具で制限時間いっぱい、同程度のダメージを与えられるとすると総ダメージ量は549*49で26901。「浮かぶ山岳」でのヤマツカミの体力は前述したとおり26666、全体防御率は双方一緒なので、計算上は50分以内に倒せることになる…んですが。

はっきり言って同じ心持ちでやれる自信がありません。

26901-26666=235ってことは「浮岳龍」の時よりも少しでも攻撃の手を緩めたら制限時間内に討伐できないわけです。それを念頭に置きつつ平常心で淡々とヤマツカマレを撃ち続ける、なんて私には無理。

というわけで、根本的な攻撃力UP策を練ることにしました。

銃はメテオフォール。これは変えようがないのでそのまま *1 。スキルは、すぐに作れる防具を勘案して、貫通弾・貫通矢威力UP + 最大数弾生産に決定。浮岳龍の体液が出来るだけ欲しい現状、激運も出したかったんですけど、無理だったので泣く泣く諦めました。


部位装備品装飾品
レザーライトSヘルム
ギザミSレジスト貫通珠
タロスSガード空きスロ2
クロムメタルコイル(胴系倍加)
イーオスSレギンス(胴系倍加)

この装備だと、腕に2つ武器スロに1つ加貫珠をつけることで、貫通弾全レベル追加も発動できるので、龍木ノ古砲【荒神】を作成出来た暁には、紅龍・祖龍戦で大活躍してくれるのではないかとゆー妄想もふくらみます。

貫通弾威力UPをつけた、これで安心する私ではありません。さらに攻撃力をあげようってんで、ネコ火事場と怪力の種もプラスしてみました。そうすると、最大火力はこんな感じになりました。

  • メテオフォールの攻撃力 + 力の護符・爪 + ネコ飯の攻撃力UP【大】+ ネコ火事場 + 怪力の種 + 貫通弾威力UP(1.1で計算してます)= 768

うん、これだけ上げたら時間切れということもあるまい。アイテムポーチにLV1~LV3 貫通弾とLV1・LV3 貫通弾の調合素材をどっさり詰め込んで、火事場発動用に大タル爆弾と小タル爆弾も詰め込んで、いざヤマツカミの待つ塔へ出陣。

ここから先の戦いは、基本的に、

と同じ。唯一違うのは、大雷光虫が出てきたらすぐ下におりてエリア移動するところ。ネコ火事場発動のため体力が10以下、大雷光虫の一撃で死ねるからです。

討伐時間は45分過ぎ。うおお、こんだけ攻撃力上げといてもこれかよと思う反面、やっぱりチキンな自分はこれくらいしとかないとびびって時間切れになってただろうなと思ったのでした。

ちなみに、1stキャラクターで同装備、同スキルで同じようにイベントクエスト「浮かぶ山岳」に挑戦してみたところ、一死した上で討伐時間が40分ちょっとでした。首狩り攻撃や吸い込み、大雷光虫等の攻撃がどれだけ頻発するかで討伐時間も大きく変わりそうです。


さて、問題の龍木ノ古砲【荒神】作成に足りない素材はどれだけ入手できたかというと。じゃじゃーん。太古の龍木*3と浮岳龍の体液*11入手で見事達成しました。基本報酬で液体のアイコンがこれでもかって出てきた時には目を疑ってから泣いた。激運出せなかったから心配してたんだよせにょーる…。

*1:G級ナルガクルガを倒して夜砲作成も考えましたが、出現クエを全部やっても天鱗が入手できなくて作れませんでしたとかなると、物凄くテンションが落ちるのでやめました。

20081126

苦手なモンスターから考えるプレイスタイル

| 18:38

モンハンの太刀使いです。苦手なモンスターについて


【苦手】

リオレウスラージャンガノトトスグラビモスディアブロスキリンドドブランゴアカムトルムイャンガルルガ


【得意】

リオレイアナルガクルガティガレックステオ・テスカトルクシャルダオラオオナズチイャンクックババコンガ、ザザミ、ギザミ、フルフル


以上から、私にはどういう傾向があると感じましたか?客観的な意見を聞きたかったので…よろしく。


モンハンの太刀使いです。苦手なモンスターについて - Yahoo!知恵袋

ムムム、苦手なモンスターから自分のプレイスタイルを導き出すって考えは面白いなあ。

私の場合はどうだろう?

現時点の1stキャラクター + 2ndキャラクターの武器使用頻度を見ると *1


武器1st使用数2nd使用数合計
大剣11210122
太刀18511196
片手剣871299
双剣2829291
ハンマー18711198
狩猟笛74983
ランス12611137
ガンランス85994
ライトボウガン86793
ヘビィボウガン176144320
3516357

  1.  357回
  2. ヘビィボウガン 320回
  3. 双剣 290回

を一番使ってることになるかな。

ただ、ひとつの武器で全部のモンスターを狩った経験がないので(2ndキャラクターはヘビィボウガンしか使ってないんで、ほぼ狩ってるとは言えるけど、キリン以外の古龍種、ウカムは手付かずなのであります)、得手・不得手にいれることすらできないヤツが存在する。うーむ難しい。

まあいいや。とにかく自分が得意、苦手と思うモンスターを挙げてみよう。ちなみに得意ってのは、無駄にテンパらずに狩れるくらいの意味です。


得意 ()内はこの武器だったらという意味です

イャンクックリオレウスリオレイアディアブロス)、バサルモス)、ダイミョウザザミショウグンギザミ双剣、太刀、ハンマー)、シェンガオレン、ヘビィボウガン)、ガノトトス)、ヴォルガノス(遠距離系)、ドドブランゴ双剣)、クシャルダオラ双剣)、ヤマツカミ、ヘビィボウガン)


苦手 ()内はこの武器でやるのが特に苦手という意味です

イャンガルルガヒプノック(ヘビィボウガン)、モノブロス(近接系)、ディアブロス(近接系)、ティガレックスナルガクルガショウグンギザミ(遠距離系)、ガノトトス(近距離系)、ドドブランゴ亜種(


苦手というか嫌いなモンスター揃いぶみ。

イャンガルルガは、上位・G級が死ぬほど辛い。ヤツの索敵→攻撃開始までの間隔が独特すぎていまだにちゃんと読めてない気がする。ソロだととにかく大苦戦。剣士だったら防御力と回復アイテム大量消費でゴリ押しできるけど、ガンナーだとそれが出来ないのでより辛い。確実な隙だけ狙ってると時間がかかりまくるし。

ティガレックスは、回避距離UPつきの太刀とかだと張りついて攻撃できるけど、一瞬でも気が抜けないのが辛くて苦手。比較的得意なでもやっぱり緊張するしなあ。雪山だったらまだいいけど、砂漠だと目も当てられない。モノブロスディアブロスと同じで、広いエリアをだっだっだっだーと走り回ってくれちゃうヤツらは面倒臭すぎる。閃光玉使って足止めすればいいけど勿体ないじゃないですか貧乏性。

ナルガクルガイャンガルルガの次に苦手です。燦然と輝く第二位。ソロでも閃光玉・音爆弾コンボ多用、使用武器は片手剣、太刀、双剣が多かったせいで、遠距離武器でやるとことごとくナルガの攻撃を食らいます。もっと動きをよく見ないと駄目ですね。

ショウグンギザミは、回避距離UPのスキルさえ出せればいけます。ご飯三杯くらい。なしだとお怒りになったら近づけません。エリア移動してさめるのを待ちます。2ndキャラクターのG級訓練/ショウグンギザミ亜種で知ったんですけど、殻って2回破壊するともう復活しないんですね。後ろから撃っても安全。


しかし、この得意・苦手から見えてくるプレイスタイルってどんなんだろう…。うーんうーん遠くからちくちくやるのが得意ですね、とか? 動きが早くて奇抜なヤツが苦手ですね、とかかな。自分のことだと客観視できないなあ。


ああそうだ、雑魚も含めた場合に一番大嫌いなモンスターは、ランゴスタ大雷光虫です。もうね、MHP2Gになってからは特にランゴスタのうざさを堪能させて頂いてますよ、うぎぎぎ。

お腹がへこんでいくヤマツカミを遠くから眺める

| 15:31

G☆2緊急クエスト「浮岳龍」出現。HR9になるために、龍木ノ古砲【荒神】を作成するために、ヘビィボウガンを両手に握り締めいざ戦場へ行かん、というのが前回までのお話でした。

捕らぬ狸の皮算用って慣用句もあるように、浮岳龍の体液がどれくらい取れるか今からうだうだ悩んでも仕方がない。一応、イベントクエスト「浮かぶ山岳」もあるし、とにかくやってみよう *2

武器はメテオフォール。防具は激運+最大数弾生産装備(頭装備がレザーライトS)。ちょっとこの時点の防御力をメモってなかったんで正確な数字は分かりませんが、200いってなかったのは確か。170~180くらい? 体力140で非怒り時の足攻撃くらって赤ゲージ抜きで体力が1/3以下になる感じ。

持ち込む弾は、LV1~LV3 貫通弾、LV1とLV3 貫通弾の調合分。

基本的な戦い方は、背面即壁くらいぎりぎりに間合いをとって口あたりに向かって撃つ。ヤマツカミの攻撃が終わった直後くらいに歩き始めて、体の向きがこっちに向いたら歩いた方向に一転がり。ヤマツカミの初期動作で次の攻撃を推測、攻撃範囲外に転がって逃れてから撃つ。怒り状態に入ったら、手数を減らして様子見を増やす。

ヤマツカミの前に2本垂れてる髭みたいな触手? がズビシと地面に突き刺さったら吸い込みが来る恐れがあるので二回転くらい離れてから撃つ *3 。吸い込みが始まったら即銃をしまって下に飛び降りたり、吸い込み範囲には届かなそうな端っこで待機したり。一応、回転で吸い込みから逃げることは可能だけど、端っこに追いやられてた場合、確実に死ねますのでご注意 *4

装備が薄いと地味に辛いのが大雷光虫の攻撃。アタック一撃で10くらい体力が削られるほか、回転して攻撃範囲から逃れようとしているときに爆発されて、ヤマツカミ先生の眼前にまろびでて コンニチワ! とかもう嫌すぎる。エリア移動すると消えるので、ヤマツカミ大雷光虫を出したら下におりて消すのもありだと思います *5

ヤマツカミ先生は、ダメージが蓄積してくるとぽっこりお腹がへこんでいきます。ある一定まで蓄積するとすとんと落ちます。落ちたヤマツカミ先生の背中に飛び乗って、まずは対巨龍爆弾を置く。爆発のせいで剥ぎ取りが中断されちゃいますが、まだ、ヤマツカミ先生浮上のタイミングがつかめてないのと、確実に飛び乗れる自信がないので、乗れたときにさっさと置きます。それから剥ぎ取り *6

調合して撃って下りてエリア移動しての繰り返しで、討伐時間は、30分針のところ。入手できた素材は、太古の龍木*3、浮岳龍の体液*4。剥ぎ取りでは龍秘宝がしこたま取れました。嬉しいけど悲しい。

というわけで、イベントクエスト「浮かぶ山岳」を受注して、残る太古の龍木*1と浮岳龍の体液*4をゲットしたいぜ………なのですが。イベントのヤマツカミは、体力26666(「浮岳龍」では体力18666:MHP2G@Wiki)、攻撃力400(「浮岳龍」では攻撃力310:MHP2G@Wiki)というとんでもないヤツなので、ほんとにこの装備でソロ討伐できんのだろうかと不安になるのでありました。

追記:大事なこと書くの忘れてた。「浮岳龍」をクリアすることで無事HR9になりました。キャラの頭の上にある名前が薄紫色になったので実感がわいた。しかしクエスト達成数が少ないからギルドカードの色は、紺色っぽいののままだ…。

武器新調とヤマツカマレ(愛称)さんまでの道のり

| 11:41

渇望のピアスのためには、G級訓練全武器制覇が必須で、G級訓練を全て出すにはHR9に到達する必要があって、到達するだけじゃなくて激昂ラージャンを倒す必要もあって、そのためにはG級に通用する武器も新調しなくちゃいけないなあ…というのが前回までのお話でした。

武器の新調に関しては、溶岩竜の厚鱗を4つ揃えることでメテオフォールに手が届くことが分かっていたので、早速G☆2「燃えさかる大河」を受注。2頭クエの方が剥ぎ取り回数が多い分だけ素材が集まりやすかろうという理由で受けたんですが、後で調べたらG☆2「溶岩竜ヴォルガノス出現!」の方がキークエだったという。

悩んだのが持っていく弾選び。1stキャラクターでは、ウチオトシだったら水冷弾とLV3 貫通弾だけ、夜砲だったらLV3 貫通弾とLV2 貫通弾ちょっとで倒せた実績があるんだけど(貫通弾強化のスキルを出したらもうちょっと弾数少なくてすむかも)、今回使用する銃は轟砲【虎頭】。おまけにスキルは激運のみ。素材持込が必要か否か。それが問題だ。

結局、調合分は必要ないだろうと判断。持ち込んだ弾はLV1~LV3 貫通弾のみ。ピッケルと虫あみでさんざん素材収集した後に戦闘開始。エリア10の安全エリアに位置どって2頭とも陸にあげて撃っての繰り返し。LV1 貫通弾を使い切るかな、というあたりで討伐完了。途中、1頭ずつしか陸に上がってくれなくて、しょうがなく撃ってたのが響いてる感じ。ちゃんと2頭まとめて撃ち続けられてたら、もうちょっと弾が残ると思う。

溶岩竜の厚鱗が4つ以上出たのでほくほくしながらメテオフォールを作る。おおお、攻撃力482が眩しい。

さて、次はキークエストをこなしてHR9を目指しつつ、G級訓練出現に必要なクエストも受注せねば。


キークエスト


G級訓練出現条件のクエスト


武器を新調したとはいえ、発動スキルは激運のみだしおまけにソロ討伐だし、素材持込分や弾数が半端ない量なので、ピッケルや虫あみを持っていったとしても素材を入れるスペースがない。防御力が紙なのもかんがみて、討伐だけに集中することにする。怒ったらエリア移動で待つくらいの余裕があった方が、おいらみたいなそそっかしい人間にはちょうどいい。

ひとつひとつ心をこめて弾丸を撃ち、丁寧にクエストをこなしていく。

途中リオレイア戦でシールド付けるのを忘れて耳をふさぐワシ。あれ、例えば咆哮→突進だったとしても、耳ふさぎから回復して即回避すればひかれないんですけど、時たま地面から復活したネコたんが、気をきかせてぽこっと私を殴ってくれたがためにアウチ! モーションが入ってネコもろともリオレイアにひかれて大ダメージとか、あるんですよね…。フルフル戦とか1stキャラクターでもあって泣いた。

「黒い殻の鎌蟹」戦では、激運以外の装備に初めて身を包んでみました。


部位装備品装飾品
頭装備だけでスキルが出るもの
ナルガSレジスト跳躍珠
メルホアZアスト体操珠
クロムメタルコイル(胴系倍加)
イーオスSレギンス(胴系倍加)
  • 発動スキル
  • 頭装備だけでスキルが出るもの、回避距離UP、体術+1

「天下分け目の大合戦」で痛い目を見たので、ショウグンギザミには回避距離UPつけていこうと心に誓いました。あり合わせ感が漂うのは、この時点で持っている素材で作れるナルガS装備が胴分くらいしかなかったからです。あと、腰がクロムメタルコイルなのは見た目上譲れなかったからです。

そして、G☆3、HR9に上がるための緊急クエストが出現。

ヤマツカミと言えば、龍木ノ古砲【荒神】の人。欲しい。喉から手が出るくらい欲しい。

必要な素材は、太古の龍木*4、浮岳龍の体液*8、雷光ゼリー*6、メランジェ鉱石*10。雷光ゼリーはトレニャー先生のお陰でたくさん入手できてるので問題なし。メランジェ鉱石も農場採掘でたんまりある。太古の龍木は…ダメージ蓄積でダウンさせたときの剥ぎ取りからも取れるから4つくらい今回のクエストでも取れそうだけど、問題は浮岳龍の体液*8、だよなあ…。

*1:2ndキャラはヘビィボウガン縛りでやっています。他の武器の使用数があがっているのは、訓練所で使用しているためです。

*2:以前にも書いた通り、クエストは一期一会でやっています。素材入手の可能性があるクエスト全てをこなしても該当する素材が出なかった場合、その武器・防具は作成できないという縛りになります。

*3:怒り時だと4発撃って動きがあった場合、吸い込みが始まります。4発撃って即装填してると、リロードがやや速いの場合、攻撃を受ける可能性があるので、4発撃って様子見、大丈夫そうなら装填してさらに撃つって感じがよいと思います。

*4:捕獲麻酔玉で落とすのは、時間切れが怖いのでやりませんでした。

*5:ソロの場合のみ。パーティの場合は、全員がその場からいなくなんないと消えないんじゃないかと思う。

*6:自分の場合は、10分針、20分針、30分針くらいのとこで落ちました。