Hatena::Groupmonsterhunter

kalmaのもんはんの戦い

 | 

2010-11-30MHP3から始める初心者ハンターの方へ

f:id:kalmalogy:20101130235433j:image

Wiiモンスターハンター3」をベースにしたPSP版最新作「モンスターハンターポータブル3rd」が発売されますね。

このMHP3からプレイを始めるという初心者の方も大勢いるかと思います。

そこで、初心者の方とプレイする中で気づいた、大型モンスター狩猟におけるよくあるミス、狩りのコツなどを書いて行ければと思っています。

基本的な操作方法などは覚えてもらうしかないですし、採取などは自由に楽しんでくれればいいのですが、あくまで醍醐味は大型モンスターの狩猟。

これから書くのはその戦いにおける「考え方」みたいなものだと思ってくださいませ。

優先順位は回避>攻撃

00:04 | 優先順位は回避>攻撃 - kalmaのもんはんの戦い を含むブックマーク はてなブックマーク - 優先順位は回避>攻撃 - kalmaのもんはんの戦い

大型モンスターの攻撃は非常に強力です。一度食らうと体力の1/3、ともすれば半分近く奪われる事もあります。

そして、力尽きることができるのは3回まで。

回避を考えずに攻撃ばかりしていてもすぐにクエスト失敗してしまいます。

つまり、このゲームはできるだけ攻撃を食らわないようにすることが肝心です。

そして多くのモンスターは攻撃後に隙が生まれます。ということは、

モンスターの攻撃を食らって吹き飛ばされる=自分の攻撃のチャンスを失う

ということなのです。

できるかぎり攻撃をかわすことが出来れば、その分手数が増えて結果的に早くモンスターを狩猟することができるのです。

回避の考え方「軸をずらす」

00:04 | 回避の考え方「軸をずらす」 - kalmaのもんはんの戦い を含むブックマーク はてなブックマーク - 回避の考え方「軸をずらす」 - kalmaのもんはんの戦い

では、どのように回避していけばいいのでしょうか?

僕個人の考え方ですが「軸をずらす」というものがあります。

要するに「モンスターの攻撃範囲外に常に位置どるように心がける」ということですが、特に敵の正面直線上からずらす動きが多いような気がするので「軸をずらす」という言葉を使っています。

実はモンスターの攻撃の大半は直線的です。代表的なのは突進やブレスですね。

それらの攻撃を行う際、敵モンスターは方向転換をしながら、ハンターのいる場所を見定め、そして攻撃してきます。

この「攻撃するための方向転換」の時にこちらも攻撃しようとすると、正面から敵の攻撃を食らってしまうことになります。

敵が方向転換をしてきた時はこちらもそれをずらす動き(横移動など)をして、安全を確保し、敵が攻撃をしている隙(ブレスなど)や、攻撃が終わった直後(突進、尻尾振りなど)を狙って攻撃を行うのです。

イメージ図

f:id:kalmalogy:20101130231340p:image

攻撃をする時に重要なのは「攻撃のやめどき」

00:04 | 攻撃をする時に重要なのは「攻撃のやめどき」 - kalmaのもんはんの戦い を含むブックマーク はてなブックマーク - 攻撃をする時に重要なのは「攻撃のやめどき」 - kalmaのもんはんの戦い

上手い人のプレイ動画などを観ると、モンスターに一方的に攻撃しまくっているように見える事があります。

しかし、あれはモンスターの動きを熟知した上でコンスタントに攻撃を加えているのであって、初心者がマネをすると「やめどき」がわからずにすぐに反撃を食らい、力尽きてしまいます。

この「やめどき」がわかってないと、せっかくモンスターの攻撃を回避して攻撃に移ったのに、その次のモンスターの攻撃を食らってしまいます。この時、プレイヤーは攻撃し過ぎているのです。

「モンスターの次の攻撃が来る前に攻撃をやめて、モンスターの攻撃範囲外に離脱する」これを心がけるだけでダメージを食らう頻度は大幅に下がります。

初めて戦うモンスターなど、いつどんな攻撃が来るかわからない時は早めに離脱する方が良いでしょう。

もうひとつ重要なポイントは、「攻撃が終わった後は回避行動ボタンでこちらの隙をなくす」ということです。

コンボの最後や重い攻撃の直後など、ハンターの攻撃後には大きな隙ができます。その隙を消しつつモンスターから逃れるために、ある程度の攻撃を行ったら×ボタン(3DS版の場合はBボタン)を押して回避行動をとる癖をつけましょう。

実際、Wiiの3にて見知らぬハンターと一緒に遊んでいたら、大剣の抜刀攻撃後に回避行動ボタンを押さずに「うんしょ」と武器を持ち上げている隙だらけのハンターが何人かいました。

それも上位と呼ばれるプレイ終盤のクエストに行けるようなハンターで、です。

言うまでもなく彼らが攻撃を食らう確率は非常に高かったです…

攻撃するチャンス=回復するチャンス

00:04 | 攻撃するチャンス=回復するチャンス - kalmaのもんはんの戦い を含むブックマーク はてなブックマーク - 攻撃するチャンス=回復するチャンス - kalmaのもんはんの戦い

上記のように書いていても、多くのハンターはミスをします。完璧な操作はできません。僕もいっぱいミスります。

するとダメージを食らうわけです。そのまま放っておくと力尽きます。だから回復しないといけません。

でも、モンハンの回復行動ってえらく隙がでかいんです。回復薬を使うだけでかなりの隙が生まれます。

そのため、慣れないうちはダメージを食らって慌てて回復薬を飲んだら、飲んでる間にまたモンスターに攻撃を食らって意味なし!ということがよく起こります。

よほど緊急の時以外は、モンスターが隙を見せている時に回復薬を飲むべきです。

具体的にはモンスターの攻撃中、攻撃が終わった直後…そう、攻撃チャンスと同じです。

攻撃するチャンスはすなわち回復するチャンスであることが多いです。

また、非常に危険な状態であれば、大型モンスターのいないエリアに移動してゆっくり回復する事も考えましょう。

モンハンは3回力尽きたらクエスト失敗となるゲームです。

逆に言えば、回復手段を行使して力尽きることさえ避ければクエスト失敗にはなりません。

なるべく体力ゲージは最大を維持することを心がけましょう。

モンスターの動きを見よう

00:04 | モンスターの動きを見よう - kalmaのもんはんの戦い を含むブックマーク はてなブックマーク - モンスターの動きを見よう - kalmaのもんはんの戦い

回避するにも攻撃するにも、モンスターの動きを把握していなければなりません。

闇雲に攻撃するのではなく、安全なところからしばらくモンスターの動きを見てみるというのもいいかもしれません。

どういう攻撃をするのか、どこにいれば安全に戦えそうか、どの攻撃の後に隙ができるか。

眺めていれば攻略のポイントが掴めるかもしれません。

もうひとつ「見よう」には意味があります。

それは、「モンスターの動きを常に画面内に捉え続けよう」ということです。

モンスターが今どこにいて何をしようとしているか、確認しないとこちらも行動できません。

カメラを細かく動かして、常にモンスターの動きを把握するようにしましょう。

ここでかの有名な「モンハン持ち」の登場です。

f:id:kalmalogy:20101130231341j:image

googleイメージ検索より引用

なんでこんな変な持ち方をするかというと、常に視点を変えられるようにするためです。こんな持ち方が生まれるほど重要なのだということですね。


3DS版ではターゲットカメラやタッチパネルでの操作がモンハン持ちによるカメラ操作の代替となります。Lボタン1つで常に視界にモンスターを捉えられるので、まずはモンスターを常に見える位置に置くことを意識してプレイしましょう。

武器選びのポイント

00:04 | 武器選びのポイント - kalmaのもんはんの戦い を含むブックマーク はてなブックマーク - 武器選びのポイント - kalmaのもんはんの戦い

上記のことを守っていれば、基本的には好きな武器を選べばいいと思っています。いろいろ試してみて、自分に合う武器を選べばOKです。

しかし、特にこれといってこだわりがないのであれば、「大剣」をオススメします。

なぜ大剣を薦めるかというと、先に述べた注意点を実践しやすい武器だからです。

というのも、大剣は一撃が強力な分、動きが遅い武器です。動きが遅いということは、攻撃を欲張って回避しないでいるとすぐに反撃を受けます。

一撃が強力という事は、短い攻撃チャンスでも武器を出してない状態からの抜刀攻撃(PSPなどでは△、3DSなどではX)一回をモンスターに当てれば十分なダメージになりますし、動きが遅いので早めに回避する必要があり、何度も攻撃することなく回避できます。

かわしきれない時はガードボタンを押せばやり過ごせるかもしれないので、生存率が非常に高い武器です。

抜刀攻撃→回避行動→安全圏で納刀(□)というリズムで動くと戦いやすいと思います。

もちろん、相手が転んだり麻痺したり罠にはまったり、大きな隙ができればその限りではなく、遠慮無く溜め斬りをたたき込めばよいわけです。

片手剣が扱いやすいという声もありますが、攻撃回数が必要なため先述の「攻撃のやめどき」が少し難しい武器だといえます。


反面、太刀や双剣は非常に難しい武器といえます。

太刀は数字上の攻撃力では大剣と遜色ないのですが、「武器の重み」とでもいうような隠れた数値の影響があって、たくさん攻撃しないと思ったほどダメージが稼げません。

両武器とも、ゲージを溜めるために絶え間なく攻撃をしないといけないので、回避の見極めができていないと特性を活かせませんし、攻撃ばかりを意識してすぐにやられます。

下手な太刀使いが「太刀厨」と呼ばれる所以のひとつです。

殺すより捕獲した方が楽

00:04 | 殺すより捕獲した方が楽 - kalmaのもんはんの戦い を含むブックマーク はてなブックマーク - 殺すより捕獲した方が楽 - kalmaのもんはんの戦い

何をいちいち、と思われる上級者の方もいらっしゃるでしょうが、一応。

初心者ハンターと上級者ハンターが一緒にプレイする場合、上級者ハンターがモンスターを大抵殺してしまい、捕獲という概念が身につかないままになってる場合がありました。

これは上位ハンターが下位のモンスターを狩る時は捕獲を狙うより殺す方が手っ取り早いということがあり、捕獲を意識せず上位に上がってしまうことがあります。

しかし、ソロプレイでは捕獲は非常に重要です。

大型モンスターの体力を一定以下にすると足をひきずるなどの行動を示し、捕獲する事が可能になります。

一人で戦ってると、そこから殺すまでが結構長いんですよね。

大型モンスターの体力はかなりあるので、殺すことをメインに考えていると、慣れないうちは時間切れになったり力尽きたりして、クエスト失敗になってしまいます。

足をひきずってエリア移動したら、すぐに罠を仕掛けてモンスターを誘導し、麻酔玉を投げて捕獲する。

これでソロプレイはぐっと楽になるはずです。


こんなところでしょうか。

僕の思う「戦い方」を書いてみましたが、いかがだったでしょうか。思った以上に長くなってしまいました…(汗

これを読んでやる前から挫折しそうかもしれませんが(笑)、わけのわからないままやられて挫折することはなくなったと思います。

EK-9EK-9 2011/02/15 17:45 今日から始めました!
大変わかりやすく勉強になりました!
頑張りまっす!!

nozomi_mnozomi_m 2011/04/24 14:05 分かりやすく書いてあったのでとてもためになりました!

チルノチルノ 2012/03/03 20:51 これ見てから大剣つかってる

orangepunch5215orangepunch5215 2017/04/28 09:38 いまさらで、昨日はじめました。
「軸をずらす」「見る」「モンスターの攻撃の隙をつく」
勉強になりました!

ゲスト



トラックバック - http://monsterhunter.g.hatena.ne.jp/kalmalogy/20101130
 |