Hatena::Groupmonsterhunter

私のモンハンはあなたのモンハンより美しい このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-05-22

はじめてみる はじめてみる - 私のモンハンはあなたのモンハンより美しい を含むブックマーク はてなブックマーク - はじめてみる - 私のモンハンはあなたのモンハンより美しい はじめてみる - 私のモンハンはあなたのモンハンより美しい のブックマークコメント

 というわけで、MHP2G日記を始めてみる。


本日の進展 本日の進展 - 私のモンハンはあなたのモンハンより美しい を含むブックマーク はてなブックマーク - 本日の進展 - 私のモンハンはあなたのモンハンより美しい 本日の進展 - 私のモンハンはあなたのモンハンより美しい のブックマークコメント

 昨日、ハンターランク9~6の人たちの協力もあって、サクッとランク4へ昇格。これで上位クエストを受けられるが、実際問題として装備も自分のテクニックも上位に耐えられるレベルではないので、まあしばらくはソロでこつこつ頑張っていくか。村クエもまだ☆4までだし……というわけで、本日はソロ。

 そろそろ剣士の装備をザザミ一式以外のものに変えたくて、とりあえずレイア一式揃えようとしている、のだが、あれだなー、女性キャラ用レイア装備って、なんか微妙にかっこ悪いんじゃないだろうか……付加されるスキルも今ひとつ魅力に欠ける気がするし……レウス装備にしといたほうがよかったのかな……そういえば同僚の人(男キャラ)がティガレックスで装備一式揃えてたけど、なんか黄金聖闘士みたいでかっこよかったな。まあとりあえず。

 とはいえ残るは腕部分だけだし、せっかくなのでやってしまうか、ということでオフライン集会所の☆2クエでリオレイア。以前、双剣(ブレイドエッジ)で挑んだらけっこう簡単に倒せたんだけど、今回は白猿薙・改で挑む。はっきり言って心許ないが、初めてレイアに挑んだとき、この装備であと一歩のところまで追い詰めたにもかかわらず負けて身震いするほど悔しかった思い出がある。雪辱なのだ。白猿薙なだけに。つうかこれもはやくドドに強化したい……。

 さて、昨日オトモ渡しでもらったレベル20のアイルーと共に挑む。いやーさすがレベル20ともなると、アイルーとはいえ攻撃力も防御力もばっちりじゃないですか。これは楽勝かもね……とか侮ってたからかどうか、20分くらいで3落ち……あれえ……動きはもう見切ったと思ってたんだが……刀での攻撃については、まだまだ練習が足りないのだろうか。

 まあしょうがねえ。使い慣れたハンマーに装備を変更して、もう一回チャレンジだ! と思ったら金がぜんぜん足りない。クエスト受注することすらできない。ちょうど力の種の在庫も切れかけてるので、効率よく金に換算できるアイテムも余ってない。しょうがないので手持ちの金で受注できるクエストを探す。村クエでドスランポス2匹討伐するやつがなんとか払えたのでさっくりクリア。とりあえずテラ銭を手にして……ああ、レイアもう一回挑むのなんか辛いな……よし、やってない村クエを消化するかってことでバサルモス

 ここで解説だが、僕はPS2の『モンスターハンター』一作目を30時間弱やったところでリタイアし*1、以降今年の3月に急に思うところあってMHP2を(G発売直前であるにもかかわらず)始めて今回はうまいこと楽しめて、4月後半にGに移行した。MHP2を始めるにあたり、「攻略Wikiの類は極力見ない」「雑誌の攻略記事とかデータ本の類も見ない」という縛りを自分に課した。攻略的なことやモンスターの情報は、なるべく“ゲーム内でもたらされる情報”にのみ頼るようにしようということだ。とはいえソロだけじゃなくマルチでも遊ぶし、恵まれたことに僕のまわりにはMHP2Gプレイヤーがけっこうな数いるので、日常的に彼ら彼女らから「なんとなく」耳にする情報もある。が、これはまあ、狩人の集まる酒場で耳に挟んだ話ってことにする。どうしても知りたいことについては、「歴戦の狩人に教えを請う」くらいの気持ちで(まああれだ、あまりイージーに訊かず、最後の手段として訊く、くらいの心構えで、ってことだ)。そういうロールプレイを課している。

 ――というわけで、バサルモスというモンスターに関して、僕はほとんど何も知らない。モンスター図鑑の情報によりバサルモスグラビモスの幼生だってことは知ってるし、クエストの説明文を読むかぎり「見えない」ことがある=何か壁とかに擬態する能力を持つらしいことは推察される。ついでに言えば先日マルチプレイでグラビモスとは対面を果たしているので、ああいった感じの、鎧とか岩のような分厚く硬い皮に覆われた飛竜なんだろうなということはわかる。

 で、そんなような見た目の奴を探してフィールドを走りまわるも、一向にそれらしき影は見当たらず。擬態してるのかしらん? と壁のあたり……特に採掘ができるあたりを中心に見てみるもおらず、もしかしたらこれはアレか、ピッケルで採掘場所を叩いたりすると突然ゴバーッと出てきてプレイヤーをびっくりさせるとかそういう趣向か? しかしピッケルは持ってきてないな、それにそういうフラグを設定するなら、支給品にピッケルを用意しとくはずだ……などとロールプレイとか言った舌の根が乾かぬうちにメタプレイ的なことを考え始める俺のゲーム脳。しかしそれなりに長いことゲームをやっている者なら誰しも経験するように、時としてこの「ゲームのお約束、クリシェとしてはこうくるはずだからこうやっておけば大丈夫」という思い込みが足を引っ張ることもある。ピッケルは支給品としてではなく、現地で部材を調達して調合せよ、ということではないか? という疑念が湧く……そんなことをしているうちに、クーラードリンクが残り一個になってしまった。これで見つけられたとしても、戦ってる最中に絶対冷却効果切れるよな、今日は諦めてクエストリタイアするかと考え始めたところで、画面の端に地面からドギャーンと飛び出したバサルモスらしきでっかい影! 潜るのか! 土ん中潜るのか! そこにダッシュで向かうも、すでに姿はない。潜って移動するタイプの飛竜なんじゃろか……どうするんだろう。小タル爆弾でも爆発させるとびっくりして出てくるとか? 音爆弾じゃあなさそうだしな……まあいい。今日のところはリタイアしよう。

 そうだ上位クエスト受注できるようになったんだから、素材ツアーに行こう、というわけで上位の密林へ。先日購入した槍の使い勝手を試すのも兼ねて。ランス系を使うのは初めてだったんだけど、思ってたよりも使い勝手がいいな。個人的に、盾でガードするのよりも前転してすんでのところをかわすほうがかっこいいと思ってるので、ガードできる武器や重い武器よりも俊敏に動けたり手数が多い武器のほうが好きなんだが、考えを改めたほうがいいかもしれない。あと、装備していったのは、なんだっけ、あのトライブっぽいやつ、毒いっぱいついてる、アフリカの部族っぽいやつだったのだが、これを持つなら防具もそれらしいのにしたいものだ。ペニスケースとか腰蓑欲しい(女キャラなうえに貧困な想像力と偏見で語ってる)。ペニスケースいいんじゃないか。男キャラ専用装備で。

 そうそう、空飛ぶ蛇みたいなやつ、『空の怪獣Q』みたいな奴……ガブラスだっけか。あいつがいたのでウヒウヒ言いながら狩った。あの蛇の皮とかで作る防具が皮パン皮シャツ髑髏バックルのベルトみたいな感じでかっちょいいのであれを作りたいのです。僕のキャラは肌が黒っぽい女なので、頭以外はあれを一式着てアフロヘアーにしてガンナーにする。ブラックスプロイテーションだ。ここはアタイらの遊び場だよ! 皆殺しにしてやんな! そんな日を夢見て空の大怪獣Qを狩るのです。そんな一日でした。日記初日なので気負って長く書きすぎた。


そういえば そういえば - 私のモンハンはあなたのモンハンより美しい を含むブックマーク はてなブックマーク - そういえば - 私のモンハンはあなたのモンハンより美しい そういえば - 私のモンハンはあなたのモンハンより美しい のブックマークコメント

 レイアが飛んでエリアを移動して、追いかけていったらいなくて、でもペイントボールでつけた目印はそのエリアに表示されてるのであっれー? と思ってたら、海からバッシャーっと飛び出してきたことがあった。あいつ海にも潜るのか。

*1:発売後一ヶ月たったくらいから始め、基本的にMO/MMOゲーでギルド的なものが苦手→ほぼ野良パーティーオンリーというプレイスタイルのため、なんかモチベーションがあがらないまま、オフラインもそこそこにフェードアウト。このゲームで30時間弱っていうことは、序盤も序盤、大序盤をぺろんと舐めたくらいのプレイ実績だ。

トラックバック - http://monsterhunter.g.hatena.ne.jp/msrkb/20080522