Hatena::Groupmonsterhunter

笛仙人 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-12-05回復笛のススメ2015 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

みなさまこんにちは。笛仙人の時間がやってまいりました。


普段は他の武器を使っているけれども、ちょっと集会所で笛を使ってみようという方。あるいは普段から笛を使っているものの、個人戦と集団戦では立ち位置が今ひとつつかめていないあなた。とにかく集会所を楽に突破したいと思うあなた。そんなあなたにオススメなのが、回復笛です。


回復笛と言っても角笛の一種ではありません。体力回復の効果を発揮できる笛のことを便宜上回復笛と呼んでいるのです。


何故回復笛がいいのか。今回は重音色という新しい仕組みが導入されたために、今まででも相当強かったものが、さらに強くなったからです。

ここで笛使い以外に重音色を説明しましょう。笛は3つの攻撃方法にそれぞれ音符が割り振られていて、この組み合わせで旋律を吹きます。空振りをしても音符はたまるのですが、今回から敵に攻撃を当てることで♪が♫表記に変わるようになりました。旋律を全て♫で構成すると、直前に吹いた旋律と今の旋律の効果が同時に発揮されます。これが重音色です。


例えば風圧無効を吹いた後に、重音色でスタミナ減少無効を吹いたとしましょう。すると、重音色で吹いたものは「風圧無効」「スタミナ減少無効」が同時に発揮されます。これにより、旋律の維持が飛躍的に楽になりました。


この効果を見たとき、多くの笛使いが思ったでしょう。回復と合わせるとやばい、と。笛による体力回復は、小、中、大の効果があり、今までと同じならばそれぞれ20、30、40回復します。回復薬が30、回復薬グレートが50回復すると考えると、小だと少しものたりなく、中だと回復薬と同等、大だとグレートにちょっと届かない(応急薬グレートと同等)ですね。


これが重音色になると、話が変わります。同時に発揮されるということは、回復効果も重複するのです。小が2回重ねで40、中が2回重ねで60と、回復薬グレートを中の段階で超えてしまいます。大の2回重ねが発揮されれば80と、瀕死のハンターも2回吹けば全快してしまいます。はっきり言って、下位の回復【中】しか発揮できない笛でも、かなり強いです。生命の粉塵の回復量が50ですから、定期的に無限に生命の粉塵を使い続けるようなものです。


下位で一番簡単に作れるのは、ベルナルでしょうか。村★5、HR3までいけば狐鈴コトノハナクテという選択肢もあるのですがちょっと作成難度が高いと思います。ベルナルはベルナ村のクエストをちょっと進めるともらえるベルナチケットがあれば、あとはライトクリスタル(採取かゲリョス)、ユクモの木(採取)、電気袋(フルフルとか?)なので、早めに作ることができます。持っている音符は白、水、緑の組み合わせで、Xで白、Aで水、X+Aで緑。便宜上これを1,2,3で表記します。効果は以下の通りです。

11   …… 自分強化

131  …… 体力回復【小】

3123 …… 体力回復【中】&消臭

222  …… 耐だるま状態

2231 …… 聴覚保護【小】

このうち狙うのは効果も大きい体力回復【中】&消臭です。でも3123と4音符分を重音色で貯めるのは難しいですよね。でもここでひとつ、重音色のことを再確認しましょう。「直前の効果が発揮される」ということです。

回復効果は一定の確率で、下の効果が発揮されます。体力回復【小】だったら体力回復【微】に。体力回復【中】&消臭だったら体力回復【小】&消臭になってしまいます。この確率は、笛吹き名人スキルをつけることで下げることができます。なので、回復笛をやるときは笛吹き名人スキルが必須になるのです。

重音色の直前の効果は、経験上の話なのですが、「本当に直前の効果」が発揮されます。つまり、体力回復【小】&消臭になってしまったら重音色で重ねても「体力回復【小】&消臭と何か」が発揮されるということです。もちろん【中】になったときは、重音色で【中】が発揮されるということです。


ということは、【小】になったときは、重ねても片方は【小】が発揮されることが確定しています。もちろんそれでも回復効果はあるし、【小】を2個重ねても回復薬以上の効果になるわけですからいいのですが、どうせだったら【中】を発揮したときには確実に重音色を狙う。【小】だったら無理して重音色を狙わない、という運用にしてみるといいと思います。4つの音を空振りせずに敵に確実に当てるのは、意外と難しかったりします。ここで、無理して重音色を狙うよりも、前が【小】だったら今回は空振りして重音色じゃなくてもいいや、と考えるのです。これで、ちょっとだけ操作の負担が減ることでしょう。


大事なのは、重音色を無理して狙うよりも回復をこまめに挟み続けることです。定期的に回復されていけば、パーティー内の特に剣士は思ったよりも攻撃に意識を割くことができます。モンハンというゲームは伝統的に守備7攻撃3ぐらいの意識で戦うものですが、これを攻撃7守備3ぐらいにできるというわけです。4人で遊んでいれば、これはパーティー全体の総合力が倍ぐらいになると言っても過言ではありません。


回復笛のさらにうれしいのは、聴覚保護【小】がついていることです。2回重ねて【大】にしてしまえば、ほとんどのモンスターの咆哮を防ぐことができます。今作でもイャンガルルガを筆頭とした、うっとうしいぐらいに吠えるモンスターはいるので、後半になればなるほど耳栓は必須と言えますでしょう。装備が整っていない間は、笛による耳栓は多大な効果を発揮します。


というわけで、一家に一本。ベルナルを作ってしまいましょう。正直な話、これ1本さえあれば、4人でHR4まであっと言う間に行けると思います。下手すると回復薬を一つも使わないで行けちゃうでしょう。


笛仙人でした。