Hatena::Groupmonsterhunter

nagyuさん狩り日記

ダイミョウザザミ復活の一因を担ったブログ(真顔)

 | 

2011-01-20

おーいいそのー

| 22:15 | はてなブックマーク - おーいいそのー - nagyuさん狩り日記

訓練所が集団演習しかない上アオアシラに20分かかって絶望したから野球しようぜー

 

でも多分まだ全部訓練でてないんだ。まあ待て。終了後20秒になったのはやりこみ組にはいいだろうけど、アイテム把握ができなくてうわーん。ってかやりこみ(タイムアタック)組はどうなの?泣いてるんじゃないの?

まだWiki封印中

| 22:15 | はてなブックマーク - まだWiki封印中 - nagyuさん狩り日記

そんな中、勲章が何かを考えるのが楽しいです。風の噂で武器500は聞いたのだけど、それ以外はふらっとで埋めてた人のも見ないようにしてます。タル兄貴がくれないわけがないと思って、毎回下位クエに出かけるたびに毒ビンと空きビンを持って行ってもらっています。たまにペイントボールも。

遠距離武器→近接武器への移行時

| 22:15 | はてなブックマーク - 遠距離武器→近接武器への移行時 - nagyuさん狩り日記

から双剣に持ち変えるとビックリするくらい被弾率が上がるから注意しような!

閃光玉-ひよこハンターとの絆-

| 22:15 | はてなブックマーク - 閃光玉-ひよこハンターとの絆- - nagyuさん狩り日記

 

*ムシダメな人注意*

*500%の捏造が含まれています*

 

ぺた、ぺた、 ぺた…きゅっ。

「ふう、これでいいのかしら」

伝え聞いたようなものを作り、見た目の残酷さに顔を歪める。

閃光玉。

石ころにネンチャク草から出る分泌液を絡めつけ、そこに死するとき眩く光り輝く光蟲を貼り付ける。けして、けして殺してはならない。軽い衝撃でも虫のもろい体は砕ける。

本来は粘着質で十分貼りつくのだが、どの角度から、どう投げ込んだとしても光蟲の命を止めるよう、周りに細くぴんと張り巡らせたテグスを張り巡らせる。そのまるで手まりのような見た目から、アイコンのマークは作られたのだそうだ。

これを勢い良く投げ放つと、粘着質から光蟲が剥がれ落ちてテグスにかかる、あるいは何かへの激突による衝撃、そのたぐいのもので光蟲は命を失い、光り輝いてモンスターの目をくらますのだ。

これだけ多数のハンターに「殺されている」彼らが絶えず繁殖を続けている理由は割合単純で、1匹が死ねば標的が目をくらまし、その隙に逃げられるからだという。

テグスの裏側、まるで虫かごのような中でもがいている光蟲。

「ごめんね、わたしリオレウスを倒したいの…」

空の王者リオレウス。歴戦のハンターたちはあんなのカモだと断言する。武器を変えてみな、防具を変えてみな。全てに従ったところで、あの空からの奇襲や火炎攻撃に力尽きてしまうのだ。そんな状態を見て苦笑を浮かべた先輩ハンターから聞いたのが、閃光玉というわけ。

どうしてそこまで倒したい?と言われたことがあるが、答えなかった。もちろん、自分のクエストを進めたいのもある。それより、いつも買出しにも付いてきてくれるオトモアイルーのアランが武具屋の前のレウス一式をチラチラ気にするのがいたたまれないのだ。

彼に、「王者の風格ニャ!」と言わせてやりたいのだ。仲間として。

 

「気にするな」

そんな声がした気がした。

「我ら光蟲はもともと人間よりも生涯は短い。その中でも自分はもういい年だからな。むしろ、ゴミのように撒かれるようなクエストよりなら、お嬢さんのような強い理由のあるクエストに立ち会えることを、わたしは嬉しく思うよ」

気づけば、すでに「籠」の中の光蟲は動くのをやめていた。

「光蟲さん…!わたし、私頑張る!」

思わず、閃光玉をぎゅっと抱きしめた。

 

突然、ユクモ村のちょうど温泉の麓あたりからまばゆい光が射した、とアイルーたちは証言している。

「アレはなんだったのかニャー」

「悪いことの前触れかもしれないニャ?」

「みんな考えすぎニャ~♪それよりマタタビ酒でも飲むのニャ」

 

-もえないゴミができました-

 |