Hatena::Groupmonsterhunter

狩り暮らしのアリエッティ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-12-19-Sundayある日、森の昼下がり このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101215195644j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101219003304j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101219003655j:image:left

「お遣いでキノコ採りに行ったの。

 でも、生えてたキノコは、

 どれも頼まれたものとは少し違ってたわ。

 お母さんは虫がなんとか…って

 言ってた気がするんだけれど…。

 お願い。一緒に手伝ってくれる?」

 

この依頼を受けて、わたしは渓流のキノコが生えている場所へと向かった。

特産キノコ、アオキノコ、毒テングダケ、ニトロダケ、ドスマツタケ……。

いろんなキノコがとれたけど、どれも目的の「熟成キノコ」じゃない。

最後はくたびれただけ、じゃなかった、クタビレタケが取れた。

どうしたものかとキノコの前で考えていると、アリのようなモンスターがとことこ寄って来た。

後で聞いた話では、オルタロスって名前らしい。

黙って見ていると、そのアリのようなモンスターがキノコを食べ始めた。

食べ終わると、お尻が青色にぷくっと膨れる。

……もしかして!

わたしは急に早足になったオルタロスを攻撃してみた。

その膨れたお尻部分に入ってたキノコを依頼主の子に見せると、満面の笑みで頷いた。

これが熟成キノコ!

よし、ならばオルタロスがキノコを食べるのを待って狩ろう!

と思って待っていたけれど、オルタロスは木の実やハチミツも好みのようで、木の実やハチミツばかり採取しては、お尻を緑色にしたり、黄色にしたり、たまに金色にしたりしていた。

それでも根気強く、キノコに向かうオルタロスを待つ。

アオアシラがたまに騒ぎたてるけど、無視して待つ。

かなりの時間がかかったけれど、なんとか必要な数を集めることに成功した。

今回の採集は、討伐よりもキツかったかもしれない。

こういう閃きや忍耐も、ハンターに求められるものなのだろう。

このクエストの達成でまた少し、一人前のハンターに近づけた気がした。

2010-12-18-Saturday幸せの卵を産むガーグァ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101215195540j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215232808j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215222722j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215225124j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215223612j:image:left

「ウチの娘、今日が誕生日なのよ。

 娘をお遣いに行かせてる間に、

 あの子の大好きなガーグァの

 卵料理をたくさん用意して

 びっくりさせてあげたいの。

 ハンターさん、頼んだわよ!!」

 

誕生日の料理と聞いて、この依頼を喜んで引き受けた。

ガーグァは村でも荷物を引かせたりするようなモンスターで、驚かせると卵を落として逃げていく。

たまにフンを落としていくこともあるけれど……。

その肉も食用で、ユクモ村の人々の生活に密着しているモンスターのようだ。

 

 

 

早速渓流に出てガーグァを探す。

いたいた。

「わっ!」

かわいそうだけど驚かして卵をいただく。

 

 

 

ところが、わたしが卵を抱えて歩き出すと、大きなイノシシ、ドスファンゴが飛び出してきた!

危ない!

折角もらった卵を割られては大変! 必死に突進をかわし、キャンプに戻る。

 

 

 

このままでは、割られてしまう危険がある。

そこでわたしは、まずドスファンゴを退治することにした。

あっさり勝利。

防具のおかげもあって、牙にぶつかっても前よりも痛くなかった。

 

 

 

脅威も去ったことだし、せっかくだから、わたしからもプレゼント。

竜の卵も持っていくことにした。

洞窟の竜の巣から、えっちらおっちら運んで行く。

納品箱に入れたら……あれ、どれが竜の卵だっけ?

まぁいっか。どっちの卵も美味しいってことで。

集めた卵を割らないように注意しながら、わたしは村に急いだ。

喜ぶ母娘の顔が目に浮かぶようだ。

母さん……元気にしてるかな。

2010-12-17-Friday満月の照らすもの(渓流のジャギィノス退治) このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101215203947j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215204116j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215214147j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210231947j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215204441j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215204639j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215195440j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215214447j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215215358j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215215637j:image:left

ジンオウガとの戦いで狩りの厳しさを思い知らされたわたしは、まず装備を揃えることにした。

早速鍛冶屋に行きこう注文する。

「一番いいのを頼む」

「素材がないことには作れんなぁ」

神は言っている。まだ武器を作るべきではないと。

 

 

 

 

素材って、やっぱりモンスターから剥ぎ取らないといけないんだよね。

それと農場。

 

とりあえずわたしは袴と笠だけお店で調達し、着込むことにした。

動きにくくなるかと思ったけれど、そんなことはないようだ。

これでモンスターから受けるダメージはそこそこ軽減されるだろう。

攻撃も、「あたらなければどうということはない」けれど、「あたったらどうしようもない」では困る。

お店のお姉さんからボウガンをオススメされたけれど、武器のタイプも今後考えていかなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

装備の素材集めのために、いざ農場へ。

これまでたまった「ユクモポイント」で、キノコを採取できるようにしたり、魚がたくさん獲れるようにしたりしてもらった。

とはいえ、一度にたくさんの素材を手に入れることはできず、毎日コツコツ採取するしかない。

ジンオウガに勝てる武器防具を手に入れるには、何回採取すればいいのだろう。

そんな考えが頭をよぎった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材集めといえばなんといっても狩猟だ。

ということで、また新たな依頼を受ける。

 

「最近、渓流のジャギィノスが

 増えてきていると思わないか?

 まさか、群れでうちの畑を

 荒らしまわろうとしているんじゃ…。

 いや、そうに違いない!

 今すぐジャギィノスを討伐してくれ!」

 

これもきっとジンオウガの影響なのだろう。

ジンオウガを倒す実力がない以上、こういう小さな依頼をコツコツとこなしていくしかない。

 

渓流に着いたのは夜だった。

けれど、なんだか空は明るい。

ひらけた場所に出てみると、そこには大きな満月が煌々と輝いていた。

 

綺麗……。

その美しさにしばし言葉を失う。

北の湿地ならば、もっとよく月を見られるかもしれない。

 

見かけたジャギィノスを倒し、素材を手に入れつつ、わたしは薄の繁る湿地へと向かった。

 

 

予想通りというか、予想以上というか、月光を映す水面、辺りを飛び回る光虫、そして夜空にたなびく雲が、さらに満月を引き立てていた。

 

ギャンギャン騒ぎ立てるモンスターの声だけが、この神秘的な雰囲気を台無しにしていたので、ちょっと黙っていてもらうことにした。

 

気がつくと、クエストクリアになっていた。

 

優しい満月の光は、わたしの暗くなった気持ちも、帰路の夜道も照らしてくれていた。

明日はもっと、元気になれる気がした。

2010-12-16-Thursdayざわめく森 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101215195345j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215201356j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215202527j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215202918j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215203627j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215203816j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101215205052j:image:left

「いつもは森の奥にいるはずの

 ドスファンゴがうちのタケノコ畑を

 荒らしに来たんだ!

 いつにも増して気性が荒かったよ…。

 何だか森の様子もおかしいし、

 退治しに行ってくれないかな?」

 

ドスファンゴって大きなイノシシよね。

それならぜんぜん平気!

森の様子がおかしいって、またアオアシラでも出たんじゃないかな。

アオアシラ退治ですっかり自信をつけたわたしは、

この依頼も軽い気持ちで承諾した。

 

どうせ簡単にクリアできるんだからと、まず始めたのは竜の卵運び。

これを持ち帰ると、村の人が喜んで、たくさんユクモポイントをくれる。

無事卵を運び終わり、大きなイノシシのモンスター、ドスファンゴとの対決へ。

突進と牙の振り回ししか攻撃手段がないので、後ろに回れば難なく倒せる。

さぁ今日もクエストを達成したぞ、と思ったら急に森の空気が張り詰めてきた。

一応クエストは成功したけれど、もう少し様子を見てみる。

 

 

 

はじめに見かけたとき、その色から大きなアオアシラが現れたのかと思った。

その大きなモンスターは、近づいてくると、巨体に見合わぬ俊敏な動きでわたしを弾き飛ばす。

何が起こったのかわからないまま、わたしは気がつくとキャンプに戻ってきていた。

どうやらアイルー達が運んでくれたらしい。

これがつまり、村長の言っていた『命の危険はない』ということなのだろう。

萎えそうになる気持ちを奮い立たせ、またあの大きなモンスターに挑む。

「たー!」

わたしのジャンプ斬りは何度か身体を切り裂いたが、すぐに剣はその鋭さを失い、「斬る」というよりは「殴る」状態になる。

慌てて砥石で磨きをかけ、再度斬りかかる。

すぐに刃がぼろぼろになってしまうが、また斬りかかる。

その繰り返し。

けれど、むこうには全く怯む様子はない。ダメージもさほどではなさそうだ。

「はが立たない」というのはきっと、こういう状況のことを言うのだろう。

わたしが攻撃をかわすのに疲れ息をきらしていると、モンスターの尻尾が物凄い速さで上空から迫り来る。

次に起き上がったとき、わたしは再びキャンプにいた。

気付けば、手持ちの砥石は尽きている。

諦めたくない!

わたしはまたモンスターに立ち向かい、剣で「殴り」続ける。

しかし、モンスターの硬い鱗は、軽い剣をいとも簡単に弾き返し、蚊が刺す程度にしか感じていないように見えた。

そうこうしている間に、モンスターはなにやら青白い光を帯び始める。

ある種幻想的な風景にしばし我を忘れていると、モンスターは突然その青白い光を放ってきた。

光の正体は電気だ、ということをわたしは身をもって知ることとなった。

次気付いたときはキャンプではなく、村の中だった。

わたしはモンスターに敗北し、クエストに失敗したのだ。

ドスファンゴを倒すというクエストは、クリアということにしてもらえた)

これまでが順調過ぎて、甘くみていたところもあった。

狩りとはそんなに甘くないものだと、思い知らさせられる結果となった。

 

 

呆然としているわたしを見て、村長さんが声をかけてくれた。

私の様子を見て何か察するところがあるようだ。

「…! そうですか、あのモンスターにお会いになられたのですか?」

「あのモンスター? あの、すごく大きくて、硬くて、電気を帯びたモンスターと遭いました。

 必死で戦ったけど、わたし……」

「おそらくそのモンスターは、《ジンオウガ》。

 最近渓流一帯で、頻繁に姿を見せるようになった、危険な牙竜でございます。

 以前から、この地域全体で姿は見られていたのですけど、被害が出るほど人里近くには、現れてはいませんでしたの。

 先般の《アオアシラ》の件、あの子が以前よりも村の近くに現れる事が多くなったのも、ジンオウガから逃げて来たから、という人もおられますわ…。

 貴方をお呼びしたのは、他でもありません。

 この《雷狼竜》ジンオウガを退治していただきたいの。」

「そんな、わたし、無理です。戦ってみて思い知りました。わたしのような小娘が、あんなモンスターには敵いっこありません!」

「今すぐに、とは、申しませんわ。

 しばらくは、力をつけて装備を調えてください。

 頃合いを見て、また改めてお願いしますわ。」

 

すっかり自信を失くしたけれど、村長はわたしに期待してくれている。

そのことが唯一救いだった。

村長の言ってた通り、次からはもっと装備を充実させよう。

2010-12-15-Wednesdayようやくハンターの入口に このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101213133949j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101208012451j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101213141049j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101213140958j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210231859j:image:left

最初に出されたクエスト5つは無事成功させることができた。

村長さんも喜んでくれているみたい。

全部終わったら次はどうなるんだろうと思っていたら、新しい依頼が村長さんから発せられた。

 

「アオアシラは、この村ではなじみ深い

 モンスターなのですが、最近村の近くに

 現れることが多くなって

 村の子達も困っておりますの。

 村に来たばかりで申し訳ないのですけど、

 是非お願いしますわ。」

 

「あの、アオアシラって、青い熊みたいなモンスターですよね?」

「ええ」

「それならこの前倒しましたけど」

「まぁ! それなら今回の依頼も大丈夫ですわね」

一回倒したらナシになるってことはないらしい。

「はい、お任せください」

わたしは依頼を受けた。

 

アオアシラという名前には聞き覚えがあった。

温泉の入口に座ってる女の人が言ってた名前だ。

大声でびっくりして逃げるなんて、見かけによらず小心者なのかも。

 

前回のこともあって、余裕をもって渓流へ。

すると、やっぱりいた!

ウミウシみたいな色の熊!

腕だけやたら硬いけれど、シャイなのかいつも背中を向けている気がする。

というか、ニーヤがアオアシラをひきつけてくれて、わたしが背中にまわる。

彼が背中で何を語ったのかはわからないけど、今回は余裕をもってやっつけることができた。

 

村に戻るとみんなの視線がいつもと違った。

アオアシラを倒したことで、やっとハンターの入口に立ったと認めてくれたようで、たくさんの人に褒められた。

わたしだけじゃなくて、ニーヤも活躍してたんだけどね。

そしてそして、わたし専用の農場が使えるようになった。

(本当はこれまでも使ってよかったみたい)

ここで新しい装備や、戦いに役立つ道具の素材を集めるように言われた。

狩人といえど、農耕もしなくてはいけないらしい。

 

次はもっと強いモンスターが出てくるみたい。

農場で集めた素材で少しずつ装備を整えていきたいと思う。

2010-12-14-Tuesdayある日森の中 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101208012723j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101213124927j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101213125646j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101213125142j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101213130743j:image:left

次の依頼は行商人からだった。

 

「ロイヤルハニーを採りに

 渓流に行ったんだけど、

 何かが近づいてくる音が

 聞こえた気がして逃げ帰ってきたの。

 恐ろしくてもう一度行く気にならないわ。

 代わりにお願いできない?」

 

何かが近づいてくる音。

多分それってジャギィやブランゴのことね。

そんなのぜんぜん気にならないし、今度の依頼も楽勝だなと、このときは思っていた。

 

ロイヤルハニーが採れる場所は二箇所。

タケノコがとれるエリアからつり橋を渡ったところにある鳥居のような場所が一箇所。

そして、建物の廃墟がある広場から行ける、緑豊かな森のような場所がもう一箇所だ。

先に鳥居の方へ行き、ロイヤルハニーを採ってみたけど、必要な量の今一歩足りない。

それならもう一箇所へと、歌を歌いながら向かう。

 

ある日♪

森の中♪

熊さんに♪

出遭った♪

 

森に入った瞬間、思わず凍りついた。そこに大きな身体の先客がいたからだ。

まさか本当に出遭うなんて……。

見た目は青い毛の熊。その熊が、蜂の巣から蜜を手で掬い取り、おいしそうに舐めている。

このままじゃ、依頼分のロイヤルハニーがなくなっちゃう!

でも、あんな大きなモンスターに敵うのだろうか。

そう躊躇っていると、ニーヤが猛然と走り出した。

ニーヤ、まさか!

予感は的中。ニーヤは熊の背中に渾身の一撃を繰り出していた。

当然食事を邪魔された熊は猛然と怒り、襲い掛かってくる。

ニーヤを助けないと!

わたしも戦いに加わり、無我夢中で剣を振るった。

気が付くと、その巨体は足元に横たわって動かなかった。

わたしはこの熊に勝ったのだ。

「やった! わたし達勝ったよニーヤ!」

勝利の喜びに鼻歌を歌いながら、ロイヤルハニーを採取する。

こうして初めての大型モンスターとの戦いは、無事勝利することができた。

熊を一人(じゃなくて一人と一匹だけど)で倒せるなんて、ウィリー・ウイリアムスって人と同等の強さってことになるのかな。

なぜだかわからないけれど、この村では、わたしに超人的なパワーが宿っているようだった。

2010-12-13-Monday狩り生活も悪くない このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101208012708j:image:left

「し、尻が! 尻が痛い!

 憎らしきブルファンゴ

 お袋に命じられ、渓流にキノコ狩りに行ったら、

 オイラの後ろから突然ドカンと来やがった。

 オイラの尻のカタキをとってくれ!」

 

え、えっとー。

とりあえずイノシシのようなモンスター、ブルファンゴを狩ればいいみたい。

『お袋に命じられてキノコ狩り』ってことは、やっぱりキノコダイエット用なのだろうか。

わたしが採りに行ったときには、そんなことなかったけどなぁ。

とにかく、言われるがままに渓流に行く。

f:id:natsume_tamaki:20101210231304j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101213132313j:image:left

ブルファンゴは突進の前に前足で地面を掻くような仕草をするので、突進のタイミングはわかりやすい。

攻撃方法も突進か牙を振り回すかなので、お尻側から攻撃すれば大した脅威にはならない。

でも、一匹だけに集中していると、別のブルファンゴに突進されるので注意が必要。

ブルファンゴの突進は強く、もし当たったら吹き飛ばされてしまう。

安全な立ち回りがお尻側だったこともあって、結果的に「お尻のカタキ」をとったことになった。

ファンゴは毛皮、肉、いずれも重宝するらしい。

狩りの後、早速食べてみようと、

わたしとニーヤはおいしいこんがり肉をいただいた。

狩り生活も、悪くないかも。

 

 

 

 

 

 

2010-12-12-Sunday再会 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101208012650j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210220829j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210221147j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210221837j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210223634j:image:left

今度の依頼はなんとあの喋る猫、アイルーからの依頼だった。

内容はこうだ。

 

「森の中で寝転がっていたら、

 ジャギィたちが襲い掛かってきたニャ!

 気持ちよくお昼寝するためにも、

 アイツらを倒して欲しいんだニャ。

 ハンターさん、今すぐ渓流に来いニャ!」

 

 

昼寝のために狩れだなんて、なんとも自己中心的な発想だけれど、積極的に襲い掛かってくるようなモンスターなら、退治しないわけにもいかない。

 

 

 

 

 

 

 

三度目ともなると、渓流にもだいぶ慣れてきた。

どこに何があるかもだいたいわかる。

さて、まずはジャギィを探さないといけない。

エリアを歩き回っていると、ん? 今何かが後ろを通ったような……。

 

 

 

 

うわっ! こんなにたくさん!!

「えい! やー! はー!」

無我夢中で剣を振るう。

ジャギーの尻尾や牙をなんとか凌ぎ、倒すことに成功。

うん、これならわたしもやっていけそう。

 

 

 

 

早速クエストの達成を報告すると、気をよくしたアイルーは、一匹のアイルーを紹介してくれた。

え、あなたは……ニーヤ!?

わたしが大きくなったのか、ニーヤが小さくなったのかはわからないけれど、お互いの大きさの差は逆転していた。

それでも、ちょっと無愛想なその顔には見覚えがある。向こうもわたしのことがわかるようだ。

どういう経緯でここに来たのかは話してくれなかったけれど、これからわたしの狩りを手伝ってくれるらしい。

まだまだ新米のハンターだけど、よろしくねニーヤ。

 

2010-12-11-Saturday妹へのプレゼント このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101208012633j:image:left

次のクエストから、とうとうわたしは武器を振るうことになる。

ただ、今回のケルピに関しては、危険はないとのことだった。

依頼内容はこうだ。

 

「誕生日にケルビの角の首飾りが欲しいと妹がうるさい。

 まったくわがままなやつだ。

 取りあえず…角が3つもあれば十分首飾りが作れる。

 ちょっと渓流まで頼まれてくれ。」

 

誕生日のプレゼントならば、自分で取りに行った方がいいと思うのだけれど……。

とはいえ、クエストはクエスト。

わたしは再び渓流へと向かった。

 

f:id:natsume_tamaki:20101208014752j:image:left

無抵抗の獣を狩るのも気が引けるけれど、これもクエストを達成するためだ。

雄なのだろう、大きな角を持ったケルピを倒し、その角をとる。

沢山とればその分ボーナスをもらえるという話だったけれど、そんな気にはなれない。

必要数だけを持って帰り、クエストを達成した。

 

 

 

2010-12-10-Friday初めてのクエスト このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101208012555j:image:left

初めてのクエスト。

改めてその内容を確認する。

 

「今はやりのキノコダイエット!

 ぜひとも試してみたいざます。

 そこのハンターさん、

 渓流に行って特産キノコ10個を

 がっつり採ってきて頂戴!

 頼みましたわよ。ヲホホホホホ。」

 

本当に単なるおつかいだけど、わたしの日々の糧を得るためにも、仕事をすることは必要。

それに村長の言っていた通り、狩場の地形を覚えるという目的もある。

そう自分を納得させ、わたしは渓流に降り立った。

f:id:natsume_tamaki:20101206205614j:image:left

渓流には、森林、洞窟、湿地帯など、様々な場所があった。

わたしが以前住んでいた屋敷の近くにあった森ともまた違う、広大な自然がそこにあった。

歩き回った末に、崖になっている場所でキノコを発見。

キノコの語源は「木の子」だって母さんが教えてくれたけれど、まさしく木から生えていた。

崩してしまわぬよう、そっと10個摘み取り、わたしは初めてのクエストを成功させた。