Hatena::Groupmonsterhunter

狩り暮らしのアリエッティ このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2010-12-12-Sunday再会 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101208012650j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210220829j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210221147j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210221837j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210223634j:image:left

今度の依頼はなんとあの喋る猫、アイルーからの依頼だった。

内容はこうだ。

 

「森の中で寝転がっていたら、

 ジャギィたちが襲い掛かってきたニャ!

 気持ちよくお昼寝するためにも、

 アイツらを倒して欲しいんだニャ。

 ハンターさん、今すぐ渓流に来いニャ!」

 

 

昼寝のために狩れだなんて、なんとも自己中心的な発想だけれど、積極的に襲い掛かってくるようなモンスターなら、退治しないわけにもいかない。

 

 

 

 

 

 

 

三度目ともなると、渓流にもだいぶ慣れてきた。

どこに何があるかもだいたいわかる。

さて、まずはジャギィを探さないといけない。

エリアを歩き回っていると、ん? 今何かが後ろを通ったような……。

 

 

 

 

うわっ! こんなにたくさん!!

「えい! やー! はー!」

無我夢中で剣を振るう。

ジャギーの尻尾や牙をなんとか凌ぎ、倒すことに成功。

うん、これならわたしもやっていけそう。

 

 

 

 

早速クエストの達成を報告すると、気をよくしたアイルーは、一匹のアイルーを紹介してくれた。

え、あなたは……ニーヤ!?

わたしが大きくなったのか、ニーヤが小さくなったのかはわからないけれど、お互いの大きさの差は逆転していた。

それでも、ちょっと無愛想なその顔には見覚えがある。向こうもわたしのことがわかるようだ。

どういう経緯でここに来たのかは話してくれなかったけれど、これからわたしの狩りを手伝ってくれるらしい。

まだまだ新米のハンターだけど、よろしくねニーヤ。

 

 |