Hatena::Groupmonsterhunter

狩り暮らしのアリエッティ このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2010-12-15-Wednesdayようやくハンターの入口に このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:natsume_tamaki:20101213133949j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101208012451j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101213141049j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101213140958j:image:left

f:id:natsume_tamaki:20101210231859j:image:left

最初に出されたクエスト5つは無事成功させることができた。

村長さんも喜んでくれているみたい。

全部終わったら次はどうなるんだろうと思っていたら、新しい依頼が村長さんから発せられた。

 

「アオアシラは、この村ではなじみ深い

 モンスターなのですが、最近村の近くに

 現れることが多くなって

 村の子達も困っておりますの。

 村に来たばかりで申し訳ないのですけど、

 是非お願いしますわ。」

 

「あの、アオアシラって、青い熊みたいなモンスターですよね?」

「ええ」

「それならこの前倒しましたけど」

「まぁ! それなら今回の依頼も大丈夫ですわね」

一回倒したらナシになるってことはないらしい。

「はい、お任せください」

わたしは依頼を受けた。

 

アオアシラという名前には聞き覚えがあった。

温泉の入口に座ってる女の人が言ってた名前だ。

大声でびっくりして逃げるなんて、見かけによらず小心者なのかも。

 

前回のこともあって、余裕をもって渓流へ。

すると、やっぱりいた!

ウミウシみたいな色の熊!

腕だけやたら硬いけれど、シャイなのかいつも背中を向けている気がする。

というか、ニーヤがアオアシラをひきつけてくれて、わたしが背中にまわる。

彼が背中で何を語ったのかはわからないけど、今回は余裕をもってやっつけることができた。

 

村に戻るとみんなの視線がいつもと違った。

アオアシラを倒したことで、やっとハンターの入口に立ったと認めてくれたようで、たくさんの人に褒められた。

わたしだけじゃなくて、ニーヤも活躍してたんだけどね。

そしてそして、わたし専用の農場が使えるようになった。

(本当はこれまでも使ってよかったみたい)

ここで新しい装備や、戦いに役立つ道具の素材を集めるように言われた。

狩人といえど、農耕もしなくてはいけないらしい。

 

次はもっと強いモンスターが出てくるみたい。

農場で集めた素材で少しずつ装備を整えていきたいと思う。

 |