id:overtech



■Yahoo や Google 検索でこのページに辿り着いた人へ。
 へっぽこハンターの日記,いわゆるチラシの裏なので、情報には期待しない方がいいですよ。
 あなたの検索語が含まれている日記を探すなら、このページ一番上の検索フォームを使えば楽ですよ。

■モンスターハンターリング(ring:monsterhunter)に参加しています。
■私に関する情報は、id:overtech:10000000 をご参照下さい。

1000 | 00 | 01 | 02 | 03 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 10 | 12 |
2011 | 01 | 02 |
2015 | 10 |

2015-10-22 (Thu)モンスターハンター大狩猟クエストやってるよ!

もうじきモンハンクロス発売ですね。

引退しちゃったロートルハンターなんで今回も「昔はハンターだったが、膝に矢を受けてしまってな……」みたいな感じでスルーしようかと思ってたんですが、武器ごとの攻撃モーションを村で変えられるとか必殺技みたいな要素が追加されてるとかで、ちょっと気になり始めました。

あぁ、そんな話はさておき、スマートフォンアプリのモンスターハンター大狩猟クエストやってるんですよ。

どんなゲーム? 16:51

同じカードを揃えると進化して強くなって、よりレア度の高いカードを欲しがるという典型的なアレです。

非公式wikiも更新されておらず、公式twitterのツイートの反響も薄く過疎化してる感じはありますが、コラボなどをきっかけに最近始めた人も結構いるので、言い換えると強い古参プレーヤが減って活発な新参プレーヤが増えてる状況にあるのかも。

どんな人が楽しめるか 16:51

育成要素

カードの強さがほぼすべてでプレーヤ自体のテクニックなどは不要なので、手札をじわじわ鍛えるのが好きな人には向いています。

逆に言えば、自分の上達による達成感が欲しい人や、ちまちま手札を育てるのが面倒くさい人には向いてません。

対人要素

毎日昼夜二回、一時間ずつのギルド戦があり、そのギルド戦に参加することで無料プレイでも手札強化がはかどります。大体は12か13時からの昼の部と、20か21時からの夜の部です。

システム側で開催時間が決められるそのギルド戦への参加をプライベートがどれだけ許してくれるかで向き不向きが大きく分かれます。

「一時間拘束されるの無理、隙間時間を使って一人だけで遊びたいの!」って人でも楽しめなくはないけど、それだとやっぱりゲームの楽しさが半減しそうな気がします。

でも、毎日ログインして隙間時間で一人で遊ぶだけのスタイルでもレアガチャ券は結構手に入りますので、手札増えると嬉しいなタイプの人なら二週間ぐらいは楽しく遊べるかも?

そんなワケで、なんか新しいゲームアプリないかな?とか思ってる人はいっぺん触ってみてはどうでしょうか。

ちょうど本日 2015/10/22 から、アプリ配信2周年記念のキャンペーンで、ログインアイテムが追加されてますよ。(ひょっとするとiOS版だけかもしれませんが)

2011-02-25 (Fri)

[]最近の狩り、ひとりでできるもん! ~煌黒龍とか終焉とか~ 18:55

職場の休憩時間とかしうまいさんのお誘いとかで、たまーにオンラインをする事もありますが、ほとんどはコツコツソロ狩りで進行中です。アマツマガツチを倒してからは、集会所クエストの未クリアをひたすら埋め続けていました。そんな感じでクエストをコツコツ埋めていたらふっとアカムトルムとウカムルバスのクエストを受けれるようになっていました。

やぁ、ひさしぶりだね、君たち。特に君、麒麟槍装備ソロ5分針討伐・報酬素材全売却で打ち出の小槌としての印象が強いアカム君、MHP3での君がどんな風に強化されたか楽しみにしていたよ。そんなワケでワクワクしながらマテンロウ担いで出撃してみたら……なんだい、君。タフになって多少攻撃が増えたぐらいで大して変わってないじゃないか。体力が高くなっても、攻撃は鈍重で格も攻撃モーションも大して変わっていないアカムなど、危険な場面も無く初回でさっくり討伐できてしまいました。アカムは、MHP2でもMHP2Gでも50頭称号貰ってた筈なので、そりゃモーションや格に大幅なテコ入れが無ければ苦労しませんて。消費した薬品は回復薬Gが三本ぐらい。ウカムルバスにも行って見ましたが、こちらも比較的あっさりと討伐。まぁ、オマケボスだし、こんなものかー。

そんなワケで残ったクエストは面倒臭そうだと後回しにしていた大連続狩猟、「選ばれし者とは」「狩人舞闘曲」。先日しうまいさんからオンライン狩りのお誘いがあったので、これ幸いと行って見ましたが、想像以上の面倒臭さで、「こりゃソロではいきたくないね」な感じ。タイミングよく声をかけてくれて同行してくれたしうまいさんたちに感謝。その二つの大連続をクリアしても全クリアアイコンが付かないので見てみたら、「四面楚歌」というクエストが追加されてた。先の2クエの大変さを思い出し、「このクエもひょっとして……」と気合を入れて出撃してみたら、なんて事の無い大連続狩猟で拍子抜け。さっくりとクリアして、集会所クエスト全制覇を達成しました。

そうなると、未クリアで残された大物クエはついにアレだけになりました。そう、村クエストの「終焉を喰らう者」。上位素材もそこそこ充実してきてるので、やってみますかーと出撃。まずは得意武器(だと思ってる)ランス装備で。まずはジョーさんから。イビルジョーは狩猟数が両手で数えられるほどしかなく、かなり苦手(というより経験不足)な相手。頑張って攻めてみたけれども倒せたのは20分針で、こりゃマズイかなーという感じ。ついで登場するナルガ・ティガは、ティガ優先で攻撃をしてみました。理由は、ナルガはステップ回避もやりやすくて楽な相手なので、しんどいティガを先に片付けようカナとか考えたのでした。いま考えると判断間違ってますね、楽に倒せるほうをさっさと片付けてから、邪魔されずにより手ごわい相手と向き合える状況を作らなきゃダメですよね。そんなワケで、残り時間10分のメッセージが出ても二頭健在、その後ミスを重ねて三落ち退場。むぎゅー。

「移動が多くて張り付きにくいティガ・ナルガは、槍との相性よくはないよなー」とふっと思い、最近よく使っているスラッシュアックスでチャレンジしてみようかなと思いついた。とはいえ、先鋒のジョーさんは槍系武器でしか戦ったことがない。「まぁ、稽古で胸を借りるぐらいのつもりで」と、軽い気持ちでスラッシュアックスを担いで終焉アゲイン。ガードやカウンターが使えないので攻撃タイミングを掴みにくいかなーと考えていたけど、実際にやってみると攻撃は割と転がりですり抜けられるし、足元に入ればザクザク切れるしで意外とどうにかなるものです。回復薬Gを8本ほど使いましたが15分針で討伐。あれま、意外とイケルね。それじゃ行きがけの駄賃とそのまま戦闘を続行。ティガ・ナルガのペアを、今度はナルガ優先でザクザク。ナルガも比較的数をこなしたモンスターなので、大抵の攻撃は転がり回避できます。ティガからのたまに不意打ちを食らったりしながらも30分針ぐらいでナルガ討伐。おぉ、イケルの?イケルの?そのままティガと戦闘続行。弱りを感じたタイミングで最後の罠を仕掛けたが、攻撃を食らって吹っ飛ばされた隙に罠抜けされてしまうという大失敗をやらかしたりもしましたが、残り時間10分のメッセージと同時にティガを討伐。おぉぉ、クリアできちゃった!

無印時代から使っていた得意なつもりの武器で失敗したクエストを、MHP3で手を出して50回ぐらいしか触っていない武器でさっくりクリアできてしまい、少し複雑な気分になった。「スラッシュアックスは今作の初心者救済武器みたいな強さね」みたいなリプライをswirhenさんからtwitterで貰ったけど、そうかもしれんなーと思った。若干くやしいので、ランスで再挑戦してみたい。

前のエントリで、タイトルに名前出されてるのに言及忘れられてる煌黒龍涙目 22:19

素で忘れてた。

えーっと、アルバトリオン。アカム・ウカムを倒したぐらいで出てきたんだっけ?マテンロウで突き殺しましたよ。tnk(テオ・ナナ・クシャル)の遺伝子を感じさせる、あんまり好きじゃないタイプの古龍でした。

2011-01-28 (Fri)

[]最近の狩り ~恐暴竜とか嵐龍の討伐に成功~ 13:46

イビルジョーは結局、ガード強化・ガード性能+2・高速砥石なマテンロウ装備でツンツンやったら倒せました。最近ガンランスを使っていたのですが、ランスに戻るとステップによる機動力の高さとかカウンター突きの便利さとかがいかにも自分になじむ感じがありました。

そんな感じでコツコツとキークエストを消化して、登場したのはジエン・モーラン。村クエストで3回ほど予行演習を重ねて、「フフン、これでイケルっす」みたいな気分で出撃したら、なかなか部位破壊ができなくて少し焦った。村ジエン柔らかすぎッス!でも、船を壊されたり時間切れたりすることもなく、さっくりとクエストをクリア。

そうして、ついに嵐龍とやらを拝めるようになりました。攻略情報やネタバレなど自主規制していたのでまったく未知のモンスター。モンスター情報とかクエスト詳細なんかを読みながら、「名前からしてアマツカミ亜種みたいなもんじゃろー?」とか考えながら出撃したら、想像と全然違うモンスターがでてきて、ゲフンと言わされた。初見モンスター戦の基本として、観察5分攻撃練習5分その後通常に戦闘試行錯誤、というパターンで挑戦。肉質を探ったり攻撃タイミングを計ったりしながらツンツン。見るからにヤバそうな攻撃をしてきたので、ガード可能かどうか試してみたら体力140からキャンプ送り。うへぇ。さらにツンツンしてたら雰囲気が変わって緊張感UP。ふわっとどこかに飛び去ったなと思ったら、ブレスに切り刻まれてキャンプ送りアゲイン。戦闘を続行しても倒せる気がしなかったし、消耗品も結構使っていたので初回はその時点でリタイヤ。二回目は、初戦の経験を活かして防具や持ち込みアイテムを見直して挑んでみたが、手数が伸ばせずに時間切れ。三回目は、手数を伸ばせなかった原因はオトモがターゲットを分散させたからだと考え、オトモを解除しての挑戦。読み通り、オトモを外すと突進攻撃でフィールドを飛び回られる事も無くなり、また三回目ということで相手の動きもだんだんわかってきてさほど危険な状況に陥ること無くツンツンを重ねて25分針、ついに嵐龍を討伐。

ストーリー上の最終ボスを倒し、これでMHP3の中間の山を越えたあたりかな。全クエストクリアとか、装備・称号集めとか、隠し(オマケ)ボス的モンスターのクエスト解放なんかをめざして、まだまだマイペースに遊んでいこうと思います。

2011-01-18 (Tue)

[]三落ち、はじめました。 10:26

「初見モンスターに苦労した覚えが無い(キリッ」とか言ってましたけど、ついに三落ち退場を食らいましたよ。お相手は、イビルジョーです。

昨日の朝の通勤電車の中で上位緊急のジンオウガ二頭クエをクリアしてHR6への進出を果たし、それじゃいっちょ新モンスター見学会でも行ってみますかと帰りの電車の中でイビルジョーに行ってみたのですが、見事に三落ち退場を食らっちゃいました。

初見モンスター戦ということで、ランス装備で観察3分攻撃練習3分ほどやってみて、なんとなく攻撃のタイミングがつかめたかなーと思った頃合で怒りが発生。突然のブレス攻撃二連発であっちゅーまにキャンプ送り。

再度フィールドに戻って戦闘再開、頭を破壊したり尻尾をツンツンしたりするうちに再度の怒り。今度は警戒して怒り攻撃の観察でもしようかなーとヒラヒラ歩いているうちに連続噛みつきからの岩投げでキャンプ送り。ここで支給品があったので回収、支給品に含まれる肥やし玉の意味にここで気付いていれば……。

そんなワケで、後が無い状態になっちゃいましたが再度復帰。まぁ、前フリからもわかる通りの結果なんですが。電車乗り換えのタイミングで拘束を食らい、移動しながら適当にボタン叩いたりアナログスティックをまわしてたんですが、なかなか減らない拘束ゲージ&どんどん減る体力ゲージにビビって慌てて本気のボタン連打をかけたけれども間に合わず。体力130から完食されてしまってクエスト失敗に。この落ち方は切ないわー……。

「新モンスターとの初戦は見学のつもりで三落ち時間切れ覚悟で行けばいいさ」とか普段から言ってたけど、まさか本当に三落ち食らっちゃうとは。集会所に戻ってがっくりしながらアイテムをボックスに戻している最中に、肥やし玉を支給された意味に気付きましたね。あぁ、そういう事でしたか……。

頭の破壊で素材がちまっと手に入り、生産リストに登場した防具から弱点属性の見当が付いたので、次回はもうちょっと装備を整え、持ち込みアイテムも見直してから再挑戦してみます。

2011-01-08 (Sat)

時間を惜しんでゲームしてるとかいいつつ、ひっさびっさのダイアリ更新には小一時間ついやしたりする。これもやっぱりモンハン愛。

[]上位入りと縛りプレイ 21:19

このところ仕事が忙しくって社内モンハン部もあまり活動ができず、ほぼソロプレイな感じですけども、それでも冬期休暇を利用してどうにかこうにか上位入りできました。

自分で設けていた縛りルールは、攻略情報封印(さっさと攻略すると勿体無い)&クエスト一期一会(ゲームできる時間が少ない)&キークエ優先消化(少ない時間で良い素材が欲しい)の三本柱でしたが、ボルボロス防具とドボルベルク槍のおかげで上位火山までやってこられました。クエスト一期一会というシバリでは、とても飛竜素材装備の生産は無理そうだったけど、これなら素材が用意できたという選定理由ではありますが、どちらの装備も飛竜素材装備に劣らない、とても優秀な装備でした(特にベルクスピア)。

上位火山にいけるようになった時点で、キークエ優先消化&wikiや解析情報など攻略情報のシバリを解除しましたが、攻略wikiやブログ記事などをボンヤリ眺めている中で、今回の新顔モンスターの面白みを色々再発見させられたりしました(シビレ罠でジンオウが蓄電するとか面白い!そういや何度かやらかしたっけ)。

クエスト一期一会シバリの解除は、集会所下位と訓練所を全部終えてからかなぁ。

[]overtech流、虫の木用シーソーのジャストタイミング 21:28

くしいさんも先日にブログで書いておられましたね。くしいさんは、タイミングを体内時計で計ってるのかな。

私の場合は、視覚に頼ってタイミングを計ってます。MHP2やMHP2Gの虫の木ハンマーでは、ねこハンマーのアタマのブチ模様が消えるかどうかのタイミングでボタンを押していました。

今作MHP3のシーソーでは、最初は溜めエフェクトの閃光でやってましたが、いまはこんな感じです。

f:id:overtech:20110108205749p:image

おわかりになりますでしょうか。画面の真ん中あたり、赤で囲んだ場所にちょこっと色の変わった草が生えているのですが、そこに指が接触するかしないかぐらいのタイミングでボタンを押しています。私の場合はこのやりかたで大成功の判定をほぼ毎回取れてます。男性キャラでもこのやり方が通用するのかわかりませんし、そもそも視覚情報の入力から指を動かすまでの時間にも個人差がありますので、このやり方を真似てうまく行かなくてもあしからずー。あくまで、「わたしはこうやってるのさ」というだけのエントリでして、こうすりゃ攻略できるよとかそういうつもりはありませんので。

それはさておき、装備ボックスの並べ方や農場の巡回ルートにしても、このシーソーのタイミングの計り方にしても、人それぞれやりかたが違って面白いですね。

ちなみに、この画像はMH3をノートPCで遊ぶために買ってたMonster X-eと、PSP-2000と一緒に買ってたD端子出力ケーブルを使ってキャプチャしたのですが、セッティングが面倒ですね。PSP-3000でもゴニョゴニョできるナニが出ているようなので試してみたいところですが、それを導入する時間すら惜しんで狩りにいそしんでます。これまでは、「インターネット屋は仮の姿で、真の職業は狩人なのさ」と思ってましたが、いまでは「二児の親」が真の職業になってしまったのでしたとさ。

いけ!いけ!ぼくらの第三王女!! ~村クエ編~ 22:05

わたくしを含めた、ごく一部の狩人に愛される、ぼくらの第三王女さまっ。

f:id:overtech:20110108215452j:image

  • 「売り言葉に買い言葉」な感じで「ぐぎぎ」とノせられちゃってる姿が目に浮かびますね。ていうか、雌火竜に挑戦て、どんだけ無謀なんだよw

f:id:overtech:20110108215453j:image

  • モンスターがいる凍土に雪遊びに行くってすごいなぁ。ていうか、王城ってどのへんにあるんだろうなぁ。大全の世界地図とか見て考えると面白そう。

あれ、村クエでは第三王女関係クエが意外と少ないよ。でも、他のクエスト説明文も、読んでると楽しいのが結構あったりする。

ちなみに、私のアタマの中では、第三王女は↓こんな感じなんですけど、みなさまはどんな感じでしょうか?

デビロット姫

2010-12-17 (Fri)

朝からオトモがかわいいこと言ってて、身悶えしてしまいました。

f:id:overtech:20101217133528j:image

f:id:overtech:20101217133549j:image

f:id:overtech:20101217133606j:image

うむーん、画面キャプチャ機能ほしいよう、ほしいよう。

タクティクスオウガはキャプチャ機能が用意されてて、「わかってるなー」って思いました。

[]竜操術よ、永遠に ~設定厨乙~ 16:17

どうでもいいことですが、今回はランスからゲイボルグ・ゲイボルガ系がリストラされてしまったようですね。

ランスを使い始めたのはMHGでオンラインデビューしてからですが(swirhenさんから色々学んだよなぁ……)、MHG以降のシリーズで中盤~終盤までの長い間を無属性鉄槍にお世話になっていた私としては、ゲイボルグのリストラには少しさびしさを感じたりもしますね。ゲイボルグ系統の槍の謎めいた説明文も、中二病ハートにずきゅんと刺さる素敵な感じでしたね(参照 → http://www.pensil.jp/mh/item/weapon190.htm)。そんな私ですが、村の工房で製造可能な武器を眺めていたら、ガンランスの中に「アイゼンリッター」というモノがありまして、ひょっとして鉄騎となんか関係あるの?と密かにテンション上がったりもしました。武器の説明を読んでたら、関係無さそうでしたけどね。

MHシリーズのアイテムの説明文とか設定とか、ゲームにほとんど関わらない空気みたいなものですけど、私は結構好きだったりします。今回も、第三王女関係のクエストがいくつかあって嬉しい。

2010-12-15 (Wed)

[]村ジエン・モーランの討伐に成功 10:50

行ってきました、ウワサのジエン・モーラン。その名前を耳にした事はありましたが、MH3は村オンリープレイで攻略情報から目をそらしてプレイしていたので、実際にお目にかかるのは初でした。今回も、事前情報は村人との会話やモンスター情報,クエスト情報から得られるものだけで挑戦。

さっぱりわからないなりに挑んだ大物クエストで、ひっさしぶりにあわあわと慌てふためかされました。老山龍のクエストに初めて行ったときよりも、どう行動すればいいのかがわからなくて、なかなかに楽しいクエストでした。バリスタの弾を使い切れずに余らせたり、支給タルや対巨龍爆弾を使う機会を見落としたり、撃龍槍を空撃ちしたりしてしまいましたが、討伐に成功。MH3では体験できなかったクエストをクリアできて、村クエも区切りの一つをまた越えられたかなーという気分。

一回やってみて、だいたいどうやればいいかわかってきた。もう何度か挑戦して、手際よく行動できるように練習を重ねてみたいですね。


手探り状態で頑張るのは楽しかったし、クエストに成功したんだけど、あんまり嬉しくないのはなんだろうね。

支給タルも対巨龍爆弾も使い忘れ、背中に乗るタイミングもつかめなくて弱点攻撃もあまりできず、バリスタか大砲のいずれを使うか悩んだ結果バリスタの弾を持て余してと、そんなグダグダでもクリアできてしまったから、納得いかないんだろうなぁ。せめてジエン・モーラン初戦となるハンターはクエスト失敗で退場させるぐらいの体力設定にして、何度か練習した末にクリアさせて欲しかったなぁ。

飛竜戦とはやるべき行動がまったく違ったとても面白いクエストなので、もうちょっと難しくしてみても良かったんじゃないかしら。