id:overtech



■Yahoo や Google 検索でこのページに辿り着いた人へ。
 へっぽこハンターの日記,いわゆるチラシの裏なので、情報には期待しない方がいいですよ。
 あなたの検索語が含まれている日記を探すなら、このページ一番上の検索フォームを使えば楽ですよ。

■モンスターハンターリング(ring:monsterhunter)に参加しています。
■私に関する情報は、id:overtech:10000000 をご参照下さい。

1000 | 00 | 01 | 02 | 03 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 10 | 12 |
2011 | 01 | 02 |
2015 | 10 |
 | 

2007-04-11 (Wed)

こんにちは!へっぽこハンター Minana です。最近太刀の扱いを練習中だったりするのですが、ドスゲネポスに何度も殺されたりしながらも、ようやっと勘所が見えてきたような気がしました。最近は、気刃斬りも何となく扱えるようになってきて、武器としての面白味がだんだんとわかってきた気がします。いまのところは、クック先生をすっ飛ばしてドスガレオス先生に相手をしてもらってますが、そのうちドドブランゴ古龍とも戦ってみたいところです。

怯んだり転倒した隙に気刃コンボを叩き込むこのバッサリ感がたまりません。いーじゃん!いーじゃん!すげーじゃん?!


作りたい装備はいっぱいあるけど、素材もお金も全然足りない段階。それでも、MH2でそんなに触らなかった武器の練習をしてみたり、MH2から間が空いていて忘れていた事も数多くあったりと、まだまだ惰性プレイには程遠い段階。なんでこんなに楽しいんだろうなー。

先日からオオバサミ強化のための桃ヒレ集めに躍起になってみたけれども、物欲センサーにキャッチされてしまったのかなかなか手に入らない(部位破壊しつつの捕獲を5頭ほど繰り返してるのに、一枚しか入手できてないとか)ので、今朝の通勤中は気分転換として、上位ドスギアノス討伐クエストをこなす。スノウギア=ドライブとハイフロストエッジの素材(尖爪と剛毛)集めと称号獲得のための討伐数稼ぎが主な目的で、ブランゴを倒して剥ぎ取りながら、ドスギアノスをつついて捕獲。たまにはゆるめのクエストも悪く無い。

[][][]昨晩の狩り 11:51

撮り溜めた動画をダラダラみてたら、いつもより少し遅めの23時頃にふぇんさがオンラインに上がってきたので、まったり気味で狩り。

  • ☆7「帯電飛竜フルフル出現!」
    • ふぇんさの素材集めのお手伝い。おにぎりを作りたいそうな。いつものように、ガード性能+ガンランスで出撃。竜撃をぶち込むとフルフルがコロコロ転がって楽しい。
    • 放電をガードし損ねて吹っ飛んだところに電気ブレスモーション。間に合えハリウッドダイブ……アッー!!そんなワケで、フルフル戦ではダイブ使えないのをすっかり忘れておりました。へ、へっぽこすぎる。
  • ☆8「黒き角竜の猛攻」
    • 私のクエ消化。作りたてのタケミカズチで出撃してみた。高台を使う間も無く角が折れてしまったので、短距離突進や突き上げ直後を狙って尻尾をちくちく。手数を稼げず「うーん、なかなか切れないなぁ。」とか思ってたら、ふぇんさが「どーれ、そろそろ切るかー」とか言いながら抜刀一発で切り落とした。うーん、大剣は一発の威力がでかいですのう。弱った気配を感じたあたりで罠を設置して、無事捕獲。

これがキークエだったのか、私は緊急の上位シェンガオレン迎撃クエストが発生したけど、「レックスS欲しいんだよなー」「いいねぇ!」という会話の流れにより今日のところは放置。

  • ☆8「轟竜ティガレックス」
    • 私もレックスS装備を作り始めていたので丁度良かった。いつも通り、ガード性能+ガンランスで出撃。出撃前に念入りにチェックして、ポーチにクーラードリンクを入れたような記憶もあるのだけども、砂漠に到着してみてみたら鞄の中にクーラードリンクが入ってなかった。なんでやねーん!!気まぐれに持ち込んでいたクーラーミート二つで頑張る。
    • 攻撃の判断を誤って一落ち、欲を出してガード突きを一発余分に出したのが良くなかった。怒り中は無理して攻撃しちゃダメだよねー、とか当たり前の事を思い知らされる。
 |