id:overtech



■Yahoo や Google 検索でこのページに辿り着いた人へ。
 へっぽこハンターの日記,いわゆるチラシの裏なので、情報には期待しない方がいいですよ。
 あなたの検索語が含まれている日記を探すなら、このページ一番上の検索フォームを使えば楽ですよ。

■モンスターハンターリング(ring:monsterhunter)に参加しています。
■私に関する情報は、id:overtech:10000000 をご参照下さい。

1000 | 00 | 01 | 02 | 03 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 10 | 12 |
2011 | 01 | 02 |
2015 | 10 |
 | 

2008-06-03 (Tue)

廃人ハンター、過去を振り返る。 17:04

ハンターデビュー直後?

イャンクックが倒せないとか、ババコンガが倒せないとか、フルフルが倒せないとか、そんな次元じゃねいですね、わたくしは。

二つ星クエストを全てこなしたあとの緊急クエストにつまる。ドスランポス倒せねぇよ。げふー。

いまだに操作のコツをつかみきれず、キャラの方向変更を正確にできない。思うように敵を狙えず、あっという間に食い殺される。タスケテ。

http://d.hatena.ne.jp/overtech/20040321/p1

みんな、いきなりそこそこ上手いんだなぁ。

五日後にようやっと、ドスランポス撃破www

ドスランポスを倒す事に成功した。とはいえ、二回ほど斬っては別マップに逃げて体勢を立て直し、再度攻撃に戻るというようなチキン極まりないへっぴり腰な戦法だが。

取り巻きのランポス共々、一気になますに出来るぐらいにはなりたいなぁ。

http://d.hatena.ne.jp/overtech/20040326

その五日後には、ドスガレオスに時間切れて絶望。

ドスガレオス討伐クエスト、時間切れで失敗。がっくし。OTL

逃走して、寝始めるぐらいまではダメージを与えられたのだが、結局その後取り逃がし、クーラードリンクも切れてヘロヘロになったあたりで制限時間オーバー。ショボン。もう一段階強力な武器が必要なのか、それとも私の腕が悪いのか。アイテムをケチったのも、敗因かもしれませぬ。使ったアイテムは支給品と持ち込みの回復剤二本のみ。……音爆弾も一発しか使わなかった気が。明日は、音爆弾と大タル爆弾あたりを持ち込んで、採算度外視で積極的に攻めてみよう。

一度の挑戦で気力が無くなったので、その後はキモ取りクエストを繰り返す。依頼品を納品もせずに、死に戻り。魚竜のキモ、ウマー。せっせと溜めたキモ基金により、鎧と腕防具をボーン装備にしてみた。なんか、カロヤカな外見になった。昨日作ったボーングリーブと今日作った装備品とで、挑発・盗み無効・はらへり半減のスキルが発動。良い感じ。

http://d.hatena.ne.jp/overtech/20040331/1080749238

どうにかこうにか、ドスガレオスの自力攻略を果たし、その五日後にはイャンクック捕獲(倒しちゃうとクエスト失敗)に挑もうとしている一人の狩人が。

イャンクック捕獲に備えて、しばしクック戦の練習。森と丘マップでの討伐戦を三度ほど繰り返したが、いずれも制限時間ギリギリ気味で、そのうえ持ち込んだ回復剤もごくごく飲んでいるし。……精進せねば。

気分転換と材料集めを兼ねて、ドスイーオス討伐をしていたら、鱗が溜まってきたので、なんとなく、イーオス防具を作ってみた。胴・腕・脚の三点、毒無効スキル発動セット。これまでの装備と違って、歩くとガチャガチャと音が鳴ります。

イーオス防具で試しに戦闘してみたら、防御力の向上がそこそこ体感できた。

http://d.hatena.ne.jp/overtech/20040405/p1

この頃にはすでに、ドス○○○スを取り巻きともども、さっくりと倒せるまでになっている。ドスランポスに苦戦しいたあの弱さは、もう見えない。

そして、一ヵ月後には看板モンスターであるリオレウスを撃破!!

やりました、やりましたよッ!

ついに、火竜リオレウスを倒しましたよッ!!

うーれーしーいー。

今回は、多分4回目か5回目ぐらいの挑戦。これまでの教訓を生かし、今回はアイテムを持てるだけ持ち込みました。回復薬グレート*10、大タル爆弾*3、小タル爆弾*10、大タル*10、爆薬*10、閃光玉*5、光蟲*10、素材玉*10、落とし穴、トラップツール*2、ネット*2、砥石*20、ペイントボール*99。ペイントボールはほとんど残ったけど、それ以外はほとんど使った。残っていたのは、小タル爆弾*3と、回復薬グレート*6、それに閃光玉 *3ぐらい。

残り時間5分になったあたりで、時間切れという言葉が頭をよぎったけど、執念で喰らいつき、ただひたすら剣を振りまわして。

リオレウスの巨体が傾ぎ、音をたてて倒れた瞬間のなんとも言えない達成感。

あー、ゲームやってて、これだけの達成感を感じたの、随分久しぶりかも。

http://d.hatena.ne.jp/overtech/20040430/1083339376

いま読み返すと、「レウス相手に罠・閃光・爆弾フル持込って m9」ってな感じですけども、当時は肉質という概念すら知りませんでしたしね。多分、咆哮のガードすらも満足に出来ない腕だったんじゃなかろうか。

このときにドバドバと分泌された脳内麻薬により、私はモンハンジャンキーになってしまったのかもしれません。

 |