id:overtech



■Yahoo や Google 検索でこのページに辿り着いた人へ。
 へっぽこハンターの日記,いわゆるチラシの裏なので、情報には期待しない方がいいですよ。
 あなたの検索語が含まれている日記を探すなら、このページ一番上の検索フォームを使えば楽ですよ。

■モンスターハンターリング(ring:monsterhunter)に参加しています。
■私に関する情報は、id:overtech:10000000 をご参照下さい。

1000 | 00 | 01 | 02 | 03 |
2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10 |
2009 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 10 | 12 |
2011 | 01 | 02 |
2015 | 10 |
 | 

2009-10-13 (Tue)

このところ微妙に忙しくて、MH3を全然プレイできない日が続いております。むぐぐぐ。

対して、MHP2Gは毎日安定してプレイできています。最近やっているのは、キングクラウン狙いの、黒カタ(集会所G3黒のカタフラクト)マラソンです。ながらく金冠集めは、グラビモスの最大のみを残したリーチ状態のまま停滞していましたが、そろそろキングクラウンの勲章を貰っちゃおうと思い立ちました。そんなワケで、最大金冠がでやすいであろうG級黒グラビモスの二頭クエストをこつこつと回しています。

マラソン開始当初は、ブチヌキ+高級耳栓・自動マーキング・捕獲の見極めという装備でやっていたのですが、尻尾を切りたくてうずうずしてしまうのと、ガンナーでは足場の悪いフィールドがいくつかあるのとで、ガンナーで行くのはやめました。何戦かやって二頭の移動ルートがわかったら、自動マーキングもいらなくなっちゃったし。その次は、倉庫の肥やしだったウカム防具を利用した、水槍+切れ味+1・心眼・ガード強化・耐震という装備でやってみましたが、業物が無いのであっと言う間に紫ゲージが無くなるので切れ味+1を活用しきれないのと、ガード性能が無いので攻撃チャンスが結構減らされる&スタミナ管理に気を使う必要があるという事で、その装備でもあまり出撃しなくなりました。そんなワケで、いま落ち着いたのが、剣ピ+凛【覇】の水槍+心眼・ガード性能+1・ガード強化・回復速度+1という装備。なんだよ、結局は凛【覇】ですか。えぇ、そうですよ……。剣ピ+グラXだと、火耐性がより高くて回復速度+1を高速砥石に置き換えた、似たような装備が作れるようだけど、凛【覇】のままでも十分だよなぁと思ってしまって、生産はせず。うーん、もっと黒カタ向きな装備は無いものだろうか。毒片手+心眼・状態異常強化なんかを試してみても良いかもしれない。あるいは、モロコシ砲術王か……。

G級黒グラ二頭クエで一番手ごわい要素は、プレイ環境の明るさ。暗い洞窟内で真っ黒いグラビモスと戦う事が多いクエストなので、回りが明るいと画面がまったく見えなくなってしまいます。通勤電車の窓から差し込む朝日なんかが最大の強敵。二頭のグラビモスの移動ルートはとても単純で、慣れれば乱戦を避ける事も容易なので、むしろ一頭ごとの体力が低い分だけ幾分楽かもしれないクエストです。はやく来い来い、最大金冠。

  • 追記
    • 砲術王+ガード強化を軸に防具を考えてみたが、これというモノがあまり実現できず。変わりに、モロコシ+砲術王・業物・回避距離UP・回避性能+1なんかが面白いかもしれないなぁと思い始めた。グラビモスガスは攻撃判定は決まった一瞬だけに出るているような印象なので、回避性能+1のステップ回避で避けれそうな気がしてきた。
    • あるいは、アメザリクロウ+高級耳栓・属性強化・業物あたりで、ジャブジャブやるか。

2009-10-01 (Thu)

なんとなく「モンハン音楽部~MONSTER HUNTER 5th ANNIVERSARY~」(ASIN:B002IUBHAM)ってCDを買ってみましたが、ちょっと微妙すぎる内容で、レビューを出来る気がしないというか、PCやプレーヤに取り込もうという気がこれっぽっちもわかないというか、もう一回聴くのも苦痛めいているというか、一言で表すと罰ゲームみたいなCDでした……。知ってるアーティストが一人もいない時点で、「これはヤバイかな」とちょこっと思っていたけれども……歴代OPムービーが収録されたディスクが付いているのがせめてもの救いかもしれないけど、これはキッツイわー。二曲目のなんとかボーイズの曲というか歌は、西川貴教君の声にすっげ似てるなぁと思ったらその人ズバリで、割と聴けた歌だったけど、これどこがモンハンなんだろって感じ。「自分が大好きなアーティストが参加してて、モンハンもやったことがある」という人なら、ひょっとしたら聴き所があるかもしれませんが、ただモンハン好きってだけで手を出すと卒倒しそうになるかもしれません。

追記:気力を振り絞ってブックレットを開いてみたら、MHP2G版のモンスターサイズ早見表のイラストが含まれていて、ちょっとだけ救われました。

要注意物件、「モンハン音楽部~MONSTER HUNTER 5th ANNIVERSARY~」 21:25

「ヒドイヒドイ」だとか「好みじゃないわ」とかだけじゃ、これがどんなものなのか全然参考にならないだろうから、頑張って何度か聴いてレビューしてみますよ。

  1. 「おかえり」SEAMO
    • 聞き覚えのある旋律からスタート、えっとこれはP2Gの村音楽だっけかな?とか考えていたら突然はじまるラップ(笑)。えー、なにそれー。村音楽に乗せて、気の抜けた声で語られる歌詞は「つかれたから家帰る 君がまってくれてるし」みたいな歌詞で、村音楽に乗せたとしてもモンハンらしさがまったく感じられない内容です。モンハンって、そんなゲームだっけ?「あー、家に帰ろ……」じゃなくて、「おっしゃ!狩りに行くぜッ!」だと思うんだけどなぁ。百歩譲って「今日(の狩り)は疲れたわー」と来るなら、そこから続くのは「君がいるぼくのおうち」じゃなくて、「仲間と酒場」じゃないかなー?うーん……。
  2. 「Valkyrie -Lioleia Mix-」abingdon boys school
    • 普通に格好良い歌で、ボーカルはTMRの西川貴教君なのでとても良い声してるんだけど、メロディはMH曲のアレンジなどではなく、テクノぽい完全なオリジナルで、リロード・抜刀などSEやボイスなどが合いの手のように使われている程度。歌詞は全て英語で「この世界は戦場 俺たちは暗い影の中」「狂気、我が苦痛,内なる世儀の目覚めに絶叫する」だの中学二年男子が好きそうな内容なんだけど、これまたMHの世界観とはつながらないような歌詞です。普通に格好良い系の歌ではあれ、「全然モンハンちゃうやん」な歌。
  3. 「MONSTER HUNTER(ガンランスよ、永遠に…涙の竜撃砲MIX)」Remixed by 古坂大魔王(NBR)
    • テクノ系なミックス。元々が民族系なMHの曲を、エフェクタに通し、シンセサイザーの音の乗せたというのがこの曲。うん、寿司にタバスコをかけるかのような暴挙。オリジナルのMH音(曲)の良いところがあえて台無しにされているような、複雑な気持ちになれます。序盤の方の、「怒れる雪獅子」(MH2ではなくMHP2Gのドドブランゴテーマ曲)の使い方や、後半に差し掛かった辺りのファミコン音源調の「英雄の証」あたりの部分は悪くないというか、むしろ好きなのですが、それ以外の部分は聴いていてしんどいというか、ちょっとムカっときます(MHテーマのファンファーレ部分だけが細切れで繰り返されるところとか)。
  4. 「MONSTER HUNTER(MECHA KIJIN MIX)」Remixed by 古坂大魔王(NBR)
    • 前の曲と同じようなミックスなのですが、エフェクタがより強くかかっていて、元曲の台無し感や、聴いているときのイライラがますます強まります。中盤のノイズと電子音を乗せた「老山龍!?」あたりだけはマシですね。
  5. 「MONSTER HUNTER DJMIX I」Non-stop Mixed by DJやついいちろう
  6. 「MONSTER HUNTER DJMIX II」Non-stop Mixed by DJやついいちろう
    • この二曲は、MHの色んな曲をほぼ切り貼りしただけの曲。変な音の追加やエフェクトがそんなに無いだけ前の曲よりはマシなのですが、ホントに切って貼ってしただけっぽくて、ノンストップなDJMIXというより、CDのオンラインショップサイトなどでよくある、アルバムを3分程度にまとめた視聴サンプルみたいな感じです。数多くの曲から、それぞれほんの一部を切り抜いてつないだような曲なので、広く浅くというか、多く短くという寄せ集め。DJMIXだからあるいはMH好きが集まって駄弁るときのBGMに使えんじゃねとか一瞬思ったけれども、前述の通り、元曲一曲あたり使われているのはほんの一部なので、「もうちょっと続きが聴きたいのに」というフラストレーションが溜まりそう。ホントにサントラアルバムの視聴サンプルみたい。IIの後半で、ラージャンのテーマ曲を狩猟音楽集Iのボーナストラック曲にスムーズにつなげたあたりだけは、DJの仕事ぽいなと思いました。

はぁ、疲れた。じっくりと聴き返してみましたが、やっぱりPCに取り込んだりそれをiPodに転送したりしようという気にはなれませんでした。元曲とは大幅に違う楽器を使って、なんかアレンジを加えて演奏してみたとか、そういう曲だったらまだ普通に聴けたと思うのになぁ(元は東洋テイストただようナズチ・ナルガ曲をあえてシンセサイザーや洋楽器メインで演奏するとか)。ファミコン音源風「英雄の証」は悪くなかった。素直にアレを一曲仕上げるとかすればよかったのに。2トラック目の歌は悪くは無いんだけど、全然モンハンらしさが感じられなくて困ったものです。モンハンをイメージした歌ならば、たとえば Acid Black Cherry の「DRAGON CARNIVAL」ぐらい直球ど真ん中な歌で良いと思うのです(こっちの歌は、MHファンが完成度の高いPV風動画を公開していて、それを見て知ったという点、良い初印象を持ってしまっているので比較対象としてズルイかもしれませんが)。コレも確か、MHFOにどっぷりな人がモンハンをイメージして作った歌だったはず。

私が最初に見た動画は↑じゃ無くて、ニコ動のsm2953630(権利者申し立てで削除されちゃってます)でした。これは本当に曲と映像が素敵にマッチしていて、モンハンのPVぽくて凄く好きでした。

ShaomaiShaomai2009/10/03 09:00拡大したコアじゃないユーザーへ向けた企画だったのか、単なる大暴投だったのか…罰ゲームお疲れ様でした。もしサントラのDisk2を封印したままだったら「英雄の証」だけ聴いてみてはどうでしょ。オンラインの某クエストで使われるので2枚目に収録されてますが、スタッフロールでも流れてるので特に問題ないかと。

overtechovertech2009/10/04 21:23本当に、これを素直に楽しめるユーザ層や企画意図がわからない変な商品でした。いわゆる「誰得」状態。オーケストラコンサートのアレンジなんかはアリですけど、これはちょっとないわーってのが私の個人的な感想でございます。

 |