Hatena::Groupmonsterhunter

g:monsterhunter:tisdale


g:monsterhunter
g:monsterhunter:tisdale:top
0000 | 00 |
2007 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2009 | 07 | 08 |
2010 | 07 |
2013 | 09 | 10 |
2014 | 10 | 11 |
2015 | 12 |
2017 | 08 |

 | 

2008-06-23 Mon

hoge

| 17:07 | hoge - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - hoge - g:monsterhunter:tisdale

 何を何回やったかわからないのだけど、目安として、ラオシャンロンの討伐数52、シェンガオレンの討伐数49。MHP2の時点で、確か両方30匹討伐していた(称号を全て得ていた)ので、おそらく街・砦ともに20回前後クリアしていることになる。うーん、あと10回ずつくらい?

 街のほうは、村のシェンガオレンや下位クシャルダオラでいくらでも調整できるので、特に問題を感じていない。まずいのは砦のほうで、何をどうやっても30分掛かることは確定していて、だから面倒くさい。おどりゃクソラオ!シゴウたるけえのう!

 ヤマちゃんとかー、仙ちゃんもー、そりゃ楽しいんだけどー、討伐数を稼ぐ必要がある関係でー、ちょっと酷いよねー。

 そしていつのまにか、たまに押してないのにHomeボタン押した扱いになってしまうマイPSP。アアッアアアッ。まだだ、まだ壊れんよ!

2008-06-17 Tue

お狩り下さい、ご主人様

| 15:07 | お狩り下さい、ご主人様 - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - お狩り下さい、ご主人様 - g:monsterhunter:tisdale

あ、お狩りくださいで、「お狩り下さい、ご主人様」ってフレーズを思いついた

でも、シチュエーションが浮かばない

バルサミコス! - チラシの裏、for邪道ハート - モンスターハンター

こうですか?わかりません!

1.

 まったく、ご主人様にも困ったものだ。わたしは、心の中で、なんとなく呟いた。

「隣村に可愛いハンターがいてね、その子のレイアX装備が、これまた凛々しいこと!これは僕も、対になるレウスX装備を着てアピールしたいなって思っていてね」

 先日、ご主人様はそう言って、いそいそと旧火山のリオレウスを狩りにいく準備を始めてしまった。

 馬鹿にも程がある、と思う。

 ご主人様の腕では、とうていG級のリオレウスを狩猟できるとは思えない。けれども、ご主人様のことだから、他人から貰った素材で防具を作るなどということは是としないだろう。だから、わたしは現地を下見して参りますと断って、あらかじめ旧火山に赴き、こっそりリオレウスを弱らせておくことに決めた。

 背中には、以前ハンターだった頃に使っていたハンマー。わたしがハンター稼業をやめて、メイドとして働き出してからは、一度も振っていなかったけれど、角竜の角を加工して作ったこのカオスオーダーは、あの頃からまったく変わっていない。

 耳障りな音を立てて近寄ってくるランゴスタを、カオスオーダーの一閃で潰しながら、火山の奥へと向かう。たとえマーキングしていなくても、わたしには、リオレウスの居場所がわかる。どのリオレウスも、同じような場所を住処にするものだ。昔の勘は、失われていなかった。

 そして、思ったとおりの場所に、リオレウスはいた。弱らせておくとはいえ、ご主人様にそれと気づかれないために、見える傷をつけてはいけない。だとすれば、脆い頭部や翼への攻撃は、なるべく避けたいところだ。そんなことを考えながらカオスオーダーを構えると、相手もこちらに気づいたのか、息を吸って、大きな咆哮を上げた。

 耳を塞ぎたくなるような、騒音の壁。衝撃波を、全身で受け止める。その時不意に、わたしは、自分の口元が歪んでいることに気づいた。笑っている。わたしは、笑っている。久しぶりの狩りに、心が震えている。

 リオレウスが吐き出す火球を、体をひねって避ける。背後で炎が爆ぜるのと同時に、わたしはリオレウスに向かって、真っ直ぐに駆け出した――。

2.

 見えない部分に打撃を蓄積するのは、少しが折れた。

 つい昔の癖が出てしまい、リオレウスの頭を叩きそうになったけれど、直前で思いとどまった。それでも、足や尻尾のにヒビくらいは入れただろうし、首にも打撃を加えてあるから、元気なリオレウスよりは、ずっと楽に狩猟できるだろう。

 カオスオーダーを岩陰に隠し、ベースキャンプへ戻ると、既にご主人様は到着していた。危ない、危ない。

 ご主人様は、ちょっと驚いたようだったけど、わたしに労いの言葉をかけた。

「急に火山に行くと言っていて驚いたけれど、ご苦労だったね。でも、君はメイドだし、あまり危ないことはしなくていいんだよ」

 わたしがリオレウスと戦闘し、弱らせたことは、感づかれなかったようだ。

「いいえ、ご主人様。わたしも少し張り切ってしまったので、ご主人様のために、薬も調合してあります」

 そう言って、わたしは、ポーチから白い粉末を取り出した。乾燥させた不死虫と、それに飛竜の牙と爪をよくすり潰して混ぜ合わせた粉末。吸い込むだけで傷が治る、秘伝の『生命の粉塵』だ。

 ご主人様は、また驚いた顔をして、そしてにっこりと笑った。

「うーん、準備がいいね。僕も、安心して狩りができるというものだよ!」

「ご主人様、これもメイドの務めというものですわ」

 わたしも、ご主人様に笑いかけた。

「どうぞご安心して、お狩り下さい、ご主人様!」

2008-06-12 Thu

最近の狩り。

| 11:13 | 最近の狩り。 - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - 最近の狩り。 - g:monsterhunter:tisdale

 ドスファンゴの討伐数が100に到達した。やっとだ。オトモアイルーを育てるため、みたいな動機があるから、そこまで大変だという感じもなかった。

 しかし討伐数が伸びないといえば、なんといってもドスガレオスなんだよねえ。上位だし、別に素材が欲しいわけでもなし、だけど倒すの面倒だし。P2Gに入ってから5回もやってないんじゃないかな。

 砂魚はとりあえずおいといて、とりあえずのところ、ドス鳥竜は100にしてしまいたいなぁと考えていて、そのへんをチマチマっとこなしたい。そろそろナナも手をつけなきゃいかんし、まぁ、色々なんだよね、うん。

 それと、G武器50本勲章を手に入れた。以前の画像のとおり、倉庫の武器の数は凄いけれども、実のところ売れる素材は限界まで売ってしまっていて、さらにカネはあまり手元にないので、絶対に使わないであろうライトボウガンなども生産してしまって数を稼いだ。だって、近接武器が軒並み100,000zとかなのに、ライトボウガンったら5,000zで生産できるんだもの……。

 そんな具合で、今特に欲しいのは真鎧玉。農場でせっせと掘るのが近道。

2008-06-10 Tue

クイーンランゴスタ狩り

| 10:44 | クイーンランゴスタ狩り - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - クイーンランゴスタ狩り - g:monsterhunter:tisdale

100匹討伐に向けて、とにかく乱獲。海賊J防具、ヤマツ砲。散弾を撃って適当に倒す。いろいろクエストを回ってみた。

村上位クエスト

クィーンそのものはすぐに死ぬのだけれど、クィーンを出すまでにランゴスタをある程度狩る必要があり、やや面倒くさい。おおむね5分針で終わり、効率よくランゴスタを倒して回らないとなかなか時間が短縮できない。当然ながら、上位素材しか出ない。

G級素材ツアー:旧密林

右下のほう、8番のマップに最初からいるので、そこへ行って散弾を撃つだけ。クィーンを狩ったらモドリ玉で戻れば5分以内で終わる。剥ぎ取りは当然G級素材。クィーンの討伐数を稼ぐだけなら、これがベストの選択肢に思える。

確認できる範囲では、8番のランゴスタはクィーンを倒したあとでも無限に(もしくは、それに近いくらい)沸くので、素材収集もできる。

難点は、クエストそのものが素材ツアーのため、報酬に虫素材が出ないこと、トレニャーが帰ってこないこと、オトモが育たないこと。

集会所G級クエスト

というわけなので、虫素材がほしければこっちがベスト。討伐数を稼ぎたいだけなら時間がかかるため向かない。


倉庫の中身

| 10:44 | 倉庫の中身 - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - 倉庫の中身 - g:monsterhunter:tisdale

……そろそろ見せようじゃないの!画像多いので折りたたみ。

続きを読む

2008-06-09 Mon

連載!熟練ハンターのことば 第33回

| 11:57 | 連載!熟練ハンターのことば 第33回 - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - 連載!熟練ハンターのことば 第33回 - g:monsterhunter:tisdale

 「連載!引退ハンターのことば」第33回となる今回のお相手は、Ishiiさん(88歳)。現役時代、Ishiiさんは、巨大な角竜ハンマーを使いこなし、"マジヤベー石井先輩"として、お友達から慕われていたそうです。そんなIshiiさんに、さまざまなお話を伺いました。

生い立ち

 私の父も、ハンターだったんです。やっぱり、危険ながらも随分と収入がある職業ですから、私のうんと小さい頃は、それなりに裕福な暮らしをしていたんですね。家には、料理の得意なアイルーを5匹も雇ったりしていました。友達にも、「お前のお父さん、ハンターなんだってな!」なんて、羨ましそうな目で見られたりして(笑)。鼻が高かったですね。自慢の父でした。

 それが、私が14歳のときだったかな、つまらない依頼で父が命を落としてしまいまして。幸い、母子ふたりで暮らしていくぶんには困らないくらいの遺産があったんですが、やっぱり父が死んだことがショックで、少し、グレてしまいまして(笑)。

 それまで、父の目を盗んで、竜を狩猟するための武器を振り回していたりしたものですから、まわりの子供よりも力が強くなっちゃっていて、ガラの悪い連中を従えて、村で好き勝手したりして。どうしようもなかったですね。

ハンターになった理由

 そんな中で、森本というのに出会いましてね。森本は、昔からずっとハンターになりたくて、毎日毎日訓練を欠かさないような男でした。力も、武器の扱いも、私などよりずっと上でしたね。ある日なんか、森本に殴りかかったら、棒きれの一振りで気絶させられたりして(笑)。それが悔しくて、父の使っていた練習用ハンマーの訓練を始めるようになりました。わからないことなんかは、全部森本に聞いていましたね。けっこう、迷惑だったかなと思うんですが(笑)。

 そのうち、森本とも打ち解けてきて、一緒に村の外に出て、ケルビなんかを狩るようになりました。ケルビの角というのは、貴重な薬の材料になりますから、村人からもだんだん感謝されるようになってきて、それが少しこそばゆかったですね。

 あの日も、いつものように森本と狩りに出たんですが、調子に乗って私が狩場の奥のほうへ行ってしまったところ、イャンクックに出会っちゃいまして(笑)。そのあとのことはあまり覚えてないんですが、気づくと、傷だらけになった私と森本がいて、イャンクックの死体がありました。

 なんとか村に戻って、イャンクックを狩猟したことを伝えると、そこからはもう、大騒ぎでしたね(笑)。産卵期のイャンクックは、クックファーという貴重な毛皮を生やしていることがあるのですが、たまたまそのとき狩猟したイャンクックから、大量のクックファーが見つかりまして。

 村人が喜んでお祭り騒ぎになるのを見ながら、自分にも父と同じ、ハンターの血が流れていることをはっきり自覚しました。そこからですね、私のハンターの始まりは。

ハンマーについて

 もともとハンマーには、少し慣れたハンターじゃないと持たないようなイメージがあって、それで、ハンマーが使えることが、ひとつ上のハンターの証なんじゃないかと思った時期がありまして(笑)。必死で練習しましたね。

カオスレンダー

 普段は雪山あたりに、キリンというモンスターがいるのですが、これがたまたま火山に来ているという話を聞いたときのことですね。私もまだ若かったし、それで、よし、キリンを狩猟しに行こう!ってなったんですけど、仲間がみんな「マジヤベーよ!パネェよ!」って言って私を止めまして(笑)。それでも、どうしてもキリンを狩猟するって聞かない私に、仲間が作ってくれたのが、カオスレンダーだったんです。

 で、いざキリンを狩猟に行ったら、なんと1匹だと思っていたのが、2匹もいた(笑)。そのときはカオスレンダーのお陰でなんとなかったんですが、本当に危なかったですね。それ以降、あまり無茶なことはしなくなったと思います。

カオスオーダー

 以前、ハンターギルドは、今みたいにG級の依頼を取り扱っていなかったんですね。それを取り扱うようになってすぐのことだったかな。勇んでG級のキリンを狩猟に行ったときなんですが、あっさり気絶させられてしまいまして、気づいたら、ベースキャンプにいた。

 そりゃ、がっかりというか、自分の限界はこのへんなのか、と自棄になったりしていましたね。オトモのアイルーなんかに、八つ当たりもしました。そのとき、そんな私を見た森本からいきなりぶん殴られまして(笑)。目が覚めましたね。気づいたら、ハンマーは以前よりずっと手に馴染むようになっていまして、これを「カオスオーダー」と名づけました。今考えると、不思議な話ですね。

 それからは、このカオスオーダーで色々な依頼をこなしていきまして、気づいたら、こんなインタヴューに呼ばれるようなほどギルドに貢献してしまった(笑)。今だから言えますが、ギルドの仕事という以前に、ハンティングそのものが楽しかったんですね。人から感謝されたり、尊敬されたりというのは、後からついてきたものでした。

若いハンターにひとこと

 私も、森本をはじめ、多くの人に学んで、今ここにいます。若い人たちは、恥ずかしがったり、遠慮したりせずに、熟練のハンターの動きをどんどん盗んで欲しいですね。それが結局、上達の近道でもあると思います。

 私も、この歳ですが、まだまだ若い人たちには負けないと思っていますし(笑)。そういえば、今日のお昼ご飯は、まだでしょうか?(編集註:さっき食べました)

ArasiArasi2008/06/09 14:43http://ryubatu.wikiwiki.jp/?%A4%AF

tisdaletisdale2008/06/09 17:23そうですね。

2008-06-06 Fri

双剣

| 14:16 | 双剣 - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - 双剣 - g:monsterhunter:tisdale

 確かフルフルを最初に倒したとき双剣を使っていて、随分苦労した覚えがあるんだけど、昨日はそれほど苦もなく倒せてしまった。まぁ、高級耳栓のお陰なんだけれども。

 双剣は好きな武器。というかハンマーを越えて一番使っているらしい。

 切り上げハンターの左側に広く判定が出るので、うまいこと顔面に当てるように位置調整すればいいと思う。切り払い(12+11)と切り上げ(19)で大剣の縦斬り(43)程度のダメージは稼げていると考えれば、無理押しする必要もない。

 鬼人化時は通常攻撃の威力が3割増しくらいになるので、乱舞しないときでも鬼人化を絡めると、攻撃の幅が広がるかもしれない。切り払いが出しづらくなるのがのが最大の欠点だけれども、通常攻撃の一発目(24)だけで太刀の突き(20)や切り上げ(23)程度のダメージが出るようになる。攻撃を繋げていけばさらに凄い!

 鬼人化、切り払い、切り上げ、通常3連、回転キャンセル乱舞まで繋げれば(16+14 +25 +24 +13+10 +8+16+24 +20+13+8 +33+8+8+8+8+8+8+8+8+40)、22Hitでモーション値合計328。ロマンとはいえ、凄い数字。

overtechovertech2008/06/06 18:55双剣は、転がりからの切り上げを意識して攻撃に組み込めるようになれば、なかなかの使い手だと思うのです。(片手剣を必ず横切りで〆る、と同じ感覚)

tisdaletisdale2008/06/06 21:03鬼人化しているとき(切り払いがとっさに出せないとき)は、よく前転からつないじゃないますねー。その後の乱舞と退避も考えると、スタミナ的には少し苦しいものがあることが多いですけど……。
双剣も三段目の隙が大きいので、なるべく〆は回転攻撃に、とは思っているんですが、こちらはなかなか思ったようにいかなかったりして。

2008-06-05 Thu

大宝玉じゃぶじゃぶ欲しいわけなんですけれども

| 17:35 | 大宝玉じゃぶじゃぶ欲しいわけなんですけれども - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - 大宝玉じゃぶじゃぶ欲しいわけなんですけれども - g:monsterhunter:tisdale

 大宝玉集めが果てしなくだるいのだけれども、僕にとって適度な難易度となるとクシャルダオラあたりが順当な感じ。TシャツXとかふんどしXもほしいので、DLクエを少しずつこなしたいなぁ。1日1回とか。今週入って殆ど触ってないけど。

 考えてみりゃ黒天白夜に3個、天上天下天地無双刀に3個、阿武祖龍弩に5個など滅茶苦茶な使い方をしている。エンプレスX頭(まったく使ってない)、それにミズハ真頭にも一個ずつ使ったんだっけ。やっぱりエンプレスX頭はどうでもよかった気がする。見た目はいいんだけど。

 あと欲しいのは

  • 勝利と栄光の勇弓II 3個
  • ミラアンセスアヴロス 3個
  • ミラアンセスルイン 3個
  • ミラアンセスシア 3個
  • 氷炎剣ヴィルマフレア 2個
  • 真・黒滅龍槍 2個
  • ダオラ=ディグリペグ 1個
  • 海賊Jソード 1個
  • ヒュペル=ダオラ 1個

とか書ききれない。んもー。

 考えようによっては、金の山菜券で確実に宝玉が引き換えできた前作のほうが楽だったかもしれない。今回、大宝玉がもらえる交換は、なさそうだし。

2008-06-04 Wed

知ってそうで知らない話

| 17:31 | 知ってそうで知らない話 - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - 知ってそうで知らない話 - g:monsterhunter:tisdale

 僕から出せるネタはないなぁ。

 パッと思いつくのは、狩猟笛の攻撃キャンセル演奏で演奏3がすぐ出ることとか、片手・双剣は回避キャンセルで切り上げが出せるとか、ディアブロスの突進は出だしに当たり判定がないとか、ランスは攻撃後そのままガードするよりステップ挟んだほうがガードの出が早いこととか、そのへん?序盤は禍々しい布はそのまま売って480zにするより山菜ジジイに渡して800z/800ppにしたほうがいいんじゃないのってことも?

 でも、まとめ内にあった、部位破壊は一匹ぶんしか出ない件、たとえば黒ディア2匹クエの場合、角を折るのは一匹で十分、という話は、以前オフでもけっこう知らない人がいたような気がしたので、よくわかんないな。当たり前と思っているようなことでも、案外知らないってことはあったりするからなぁ。

 僕も今日同僚に教えられるまでモヤシは大豆だってこと知らなかったわけだし。そりゃロシアも旅順で負けるわ。いや、どうでもよかった。

モンハンの初めのころの話

| 17:31 | モンハンの初めのころの話 - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - モンハンの初めのころの話 - g:monsterhunter:tisdale

 丁度PSPMHP2を買って丸1年になるけど、最初のほうの日記を読み返しても、「何々が倒せなくて何日詰まってる><」とかはなかった。当然じゃのう、買った3週間後にプレイ時間が100時間に到達しており、その頃には村ではレウスレイアの一対クエストを終えていたんじゃ。

 その一週間後にはクシャルダオラ、さらにその一週間後はナナを倒しておった。廃人。

モノブロスは突進時に爆弾岩に当ててやると、ダメージは与えられるし、バサルモスなら岩に擬態してもすぐ発見できて一石二鳥。

http://monsterhunter.g.hatena.ne.jp/tisdale/20070616/1181979333

 中には「日本語でおk」なものもあったんだけど(たぶんモノブロスバサルモスの区別がついてない?)。

 ネックだったのは、「狙ったタイミングで、狙った方向に武器を振れるか」という点で、僕はそういうのがたいへん苦手だったから、頭の中の動きと実際の動きを一致させるまでが長かったように思う。そういう理由でアーマードコアなんて未だにできない。MHP2については、要求ボタンも少ないし、PSPを触ってるうちに解決してしまったからよかったけど。

2008-06-03 Tue

残りの勲章で思ったのは

| 16:13 | 残りの勲章で思ったのは - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - 残りの勲章で思ったのは - g:monsterhunter:tisdale

45個獲得。残り3個。

  • 砦・街20回クリア
    • 砦は面倒なんだよね。素材稼ぎもあるので、Gラオでやらなくちゃとは思うんだけど。
    • 下位の砦蟹を4人でやっても、G級のラオを1人でやっても時間が大して変わらないってのがきついよなー。確かに下位なら手を抜きまくっていいみたいな話はあるけど、その間に他のことができるわけでもないし。
    • 街は、気合入れたぶんだけ早く終わるからいいんだけど。先に終わらせてしまうかな。
  • G武器50本(51本?)
    • そもそもいま何本作ったんだっけ?
    • 安いボウガンとかで数を稼ぐのが手っ取り早いんだけど、同じ武器を2本作るのはちょっと抵抗があるわけで。
    • 「それを実戦で使用するのか」という点については、そもそも実戦で使えるG武器は50本もないので、あとは見た目が好きなやつとか、そういうレベルで作るしかないと思うな。
  • トレジャー制覇
    • ご褒美ピアスもないのに、そんなに気合入れられないよ…。
    • というわけなので、たぶん取らない。

使えるG武器がほしい奴はこれを作れよ

| 16:13 | 使えるG武器がほしい奴はこれを作れよ - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - 使えるG武器がほしい奴はこれを作れよ - g:monsterhunter:tisdale

大剣

  • 滅一門G
    • 真滅は祖龍を倒すまで作れないので

太刀

  • 紅蓮G
    • コストパフォーマンス抜群のうえ性能も申し分ない

片手

双剣

  • 双影剣G
  • 双龍剣極G
    • 性能は申し分ないが黒龍素材が要る

ハンマー

  • ドラブレG
    • コストパフォーマンス抜群のうえ性能も申し分ない

  • サクラノG
    • コストパフォーマンス抜群のうえ性能も申し分ない
  • フルフルフルG
    • 属性攻撃強化、好きだろ?

銃槍

m9

  • ブラックボウG
    • ほかの龍より材料が容易い
  • カジキG

軽銃

  • ショットボウガン碧G
    • 麻痺L2が2発装填できるので使えないこともない

重銃

  • ナナ砲G
    • 弾はそれなりに使いやすいものを装填できる

2008-06-02 Mon

5/31 MHP2G オフ会 新宿

11:33 | 5/31 MHP2G オフ会 新宿 - g:monsterhunter:tisdale を含むブックマーク はてなブックマーク - 5/31 MHP2G オフ会 新宿 - g:monsterhunter:tisdale

 13時40分頃に行こうと思ってたら、13時頃に新宿についてしまったので、雨の中、喫煙所を求めてあちこちうろうろしたりして時間を潰した。しばらくして集合場所に行くと、改札の近くでにゃんにゃん棒やアイルーのお面を持って羞恥プレイをしている人がおり、さすがにこんなプレイは長い時間耐えられないよなぁ、と思って、しばらく他人のフリをしたり、周囲を観察したり、モバツイを見たりして時間を潰したあと、合流。

 そこから先は全員パラパラと合流。予想に反してせずさんは遅刻しなかった。鎌倉のときは「もう集合時間だねー」ってときにまだ家にいたりして、「おい!」ってなったものだけれども。

 で、集合し次第、シダックスに移動して狩り。僕は全てのクエストが終わっているスーパー廃人なので、きりゅうさんのHR上げなどやった。漢らしい叫び声が充満する店内でござった。もともとIRCに普段来られない方とギルカ友好度を稼ぎたかったという面もあったので、よかったでござる。

 その後は飲み屋。

 IRCで1年くらいダラダラしていた人たちとも、一緒に飲むのは初めてだったし、割とよかったなー。面白い話も沢山聞けたし。

 のぴさんがグループに誘ったゆきみさんやきりゅうさんは、具体的になにで知り合ったんですか?と思い切って聞いたら、懐かしいMMOの名前とかを聞いたりとかして。

 狩のときは必死だからあまり声を出さないけれども、飲み屋なんかだととたんに饒舌になるわけで、とにかく喋り捲って2時間過ごした。

 終了後はダラダラしながら新宿駅に向かい、お花摘みに行ったゆきみさんを放置して適当に解散。あまり飲まなかったけれども、思った以上に酔っていた(空腹だったからか?)ので、適当に寝た。

 | 

tisdale 軍団
d:tisdale | b:tisdale | f:tisdale | h:tisdale
twitter/Zait | iddy/Zait | Last.fm/Zait | nowa:tisdale